遠見塚古墳(読み)とおみづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

とおみづかこふん【遠見塚古墳】


宮城県仙台市若林区遠見塚にある前方後円墳。標高10m前後の広瀬川北岸の自然堤防上にあり、東北地方屈指の大規模な古墳で宮城県内では2番目に大きい。前方部の高さ2.5m、幅37m、後円部は高さ6.5m、径63mで、全長約110m。周囲を幅十数mから四十数mの不規則な形の周濠がめぐっている。1968年(昭和43)、墳丘および周濠の大部分が国の史跡として指定された。1975年(昭和50)から行われた環境整備計画にともなう確認調査の結果、周濠の幅がさらに広がっていることが確認され、1980年(昭和55)に追加指定された。4世紀末~5世紀初頭の古墳と見られ、被葬者は、仙台平野を支配した首長と考えられている。碧玉(へきぎょく)製管玉(くだたま)1点、ガラス小玉4点、竹製黒漆塗り竪櫛(たてぐし)18点が出土している。現在は、歴史公園として復元整備され、出土遺物は仙台市博物館で展示されている。JR東北新幹線ほか仙台駅から市営バス「遠見塚小学校前」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠見塚古墳
とおみづかこふん

宮城県仙台市若林区遠見塚に所在する5世紀前葉の前方後円墳。沖積地にあり、周囲は南小泉(みなみこいずみ)遺跡という弥生(やよい)から古墳時代の遺跡である。1947年(昭和22)進駐軍が仙台飛行場(現霞目(かすみのめ)飛行場)拡張のため、後円部の3分の2を土取りした。68年国の史跡に指定され、75年から仙台市教育委員会が環境整備を行っている。それに伴う発掘調査の結果、後円部に主軸(N六度E)平行の粘土槨(ねんどかく)2基(残存部分)と、墳丘東側に約40メートル、西側に約20メートル幅の不整形な周濠(しゅうごう)が確認された。墳丘の規模は全長110メートル、後円部径63メートル、前方部幅37メートル、後円部高6.5メートル、前方部高2.5メートル。[結城慎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の遠見塚古墳の言及

【南小泉遺跡】より

…また,工事の際に100をこえる竪穴住居跡が発見されたが,その多くは古墳時代のもので,そこから土師器や石製模造品が出土した。遺跡の範囲には全長110mの前方後円墳である遠見塚(とおみづか)古墳がふくまれている。【藤沼 邦彦】。…

※「遠見塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android