コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔地商業 えんかくちしょうぎょうFernhandel; interlocal trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠隔地商業
えんかくちしょうぎょう
Fernhandel; interlocal trade

ヨーロッパの中世後期に展開された遠隔地間の交易形態。イタリアの都市を中心とするレバント貿易ハンザ同盟を中心とするバルト海,北海貿易,およびこの南北商業圏を結ぶ内陸商業がそのおもな内容をなす。商業,金融に基盤をおく初期資本主義の発展がこれによって大いに促進された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

遠隔地商業の関連キーワードウュルテンベルク公国マクデブルク大司教領中村兵左衛門(9代)元(中国の王朝)ケルン大司教領チョンピの乱リューベック中央アジア史遠隔地商人商人ギルドヨーロッパ東方貿易ライン川商業革命保内商人ゾースト小栗三郎城下町アルル釐金税

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android