コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔地商業 えんかくちしょうぎょうFernhandel; interlocal trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠隔地商業
えんかくちしょうぎょう
Fernhandel; interlocal trade

ヨーロッパの中世後期に展開された遠隔地間の交易形態。イタリアの都市を中心とするレバント貿易ハンザ同盟を中心とするバルト海,北海貿易,およびこの南北商業圏を結ぶ内陸商業がそのおもな内容をなす。商業,金融に基盤をおく初期資本主義の発展がこれによって大いに促進された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遠隔地商業の関連キーワード中村兵左衛門(9代)マクデブルク大司教領ウュルテンベルク公国元(中国の王朝)ケルン大司教領リューベック中央アジア史チョンピの乱ヨーロッパ商人ギルド遠隔地商人東方貿易ライン川商業革命ゾースト保内商人小栗三郎城下町アルル釐金税

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android