コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遣す/致す オクス

デジタル大辞泉の解説

おく・す【遣す/致す】

[動サ四]《「おこ(遣)す」の音変化》よこす。
「(船賃ヲ)それに―・しやらぬ人は、向かふな島へ、うちあげておきまする」〈狂言記・薩摩守

おこ・す【遣す/致す】

[動サ下二]
よこす。届けてくる。
「講師、もの、酒―・せたり」〈土佐
(動詞の連用形に付いて)その動作が自分の方へ及ぶことを表す。こちらへ…する。…してくる。
「空合はせ(=夢判断)にあらず、いひ―・せたる僧の疑はしきなり」〈かげろふ・下〉
[動サ四]の四段活用化》1に同じ。
「極道めが―・しをらぬわい」〈滑・浮世床・初〉

こ・す【遣す】

[動サ四]つかわす。よこす。
「亀屋へ養子に―・すからは」〈浄・冥途の飛脚

まだ・す【遣す】

[動サ四]《「まい(参)る」の連用形に「いだす」の付いた「まいいだす」の音変化か》使いを差し出す。差し上げる。
「使ひを―・して天(あめ)の神に白(まう)す」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こす【遣す】

( 動四 )
よこす。おこす。 「筑紫より来たる人にすだれがはを乞ふを、今々とて-・さねば/兼澄集」

まだす【遣す】

( 動四 )
〔「まゐる(参)」の連用形に「いだす(出)」の付いた「参出まゐいだす」の転か〕
使いを目上の人のところに遣わす。さし遣わす。 「五百野皇女を-・したまひて/日本書紀 景行訓
献上する。奉る。 「幣帛いわいのみてぐらを諸の神祇にあかち-・す/日本書紀 天武訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遣す/致すの関連キーワードtelephone appointerオンサイトサービス青年海外協力隊一般労働者派遣特定労働者派遣使いを立てる無期雇用派遣災害拠点病院ディスパッチオンデマンド五百野皇女ミッション放課後学習法王庁使節核監視要員労働者派遣アグレマン差遣わす差向ける海難救助

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android