コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選手制度 せんしゅせいど

2件 の用語解説(選手制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅせいど【選手制度】

競争や競技に参加するものを特定の集団や社会から選び出す社会的なしくみをいう。競争や競技は特定の能力における優越性を示そうとする願望にもとづくものであるから,すぐれているものを客観的に選び出し,社会的に承認する競技会制度を必要とする。この場合,集団や地域,国など一定の社会的範囲のなかから優れたものを選んで代表資格を持つことを認め,これらの選手の競争によって最も優れたものを選び出す制度を発達させる。選手制度競技スポーツにおいてとくに顕著にみられ,発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選手制度
せんしゅせいど

学校その他の団体が、各種のスポーツや競技において、対外試合に勝利を収めたり、記録を伸ばしたりすることを目的に、一部の優秀な技能の持ち主を集めて、特別に厳しいトレーニングを課する制度。企業などにも広く普及しているが、そのあり方をめぐって、とかく賛否の議論が生ずるのは、主として中学校段階以上の学校に関してのことが多い。[井上治郎]

歴史と現状

学校における選手制度は、学校スポーツの歴史とともに古いが、それが中等学校以上の学校に広く定着したのは、1900年代以降のことである。また、現行の学校制度の発足後では、64年(昭和39)の東京オリンピックが、それをさらに促進する役割を演じたといえる。
 大学や高等学校では現在、ほとんどありとあらゆるスポーツや競技に関し、多かれ少なかれ選手制度が行われているし、中学校でも、おしなべて種類は限られてくるものの、それを採用していない学校の例が、むしろ少ない。その場合、中・高等学校では、教育課程化されたクラブ活動と区別して、課外のスポーツ活動を部活動とよび、これを選手制度のもとに運用しているのが通常である。[井上治郎]

問題点

スポーツや競技は、ただ単にそれを楽しむだけでは技術の向上を期しがたいし、ことに青少年期にあっては、体育的な活動に集団的に打ち込むことの人間形成に及ぼす積極的な意義は大きい。したがって、その点では選手制度も一概に批判されるべきではないにしても、それには、たとえば、〔1〕学業生活との関係で本末を転倒しやすい、〔2〕場所や用具を独占する結果になって一般の学生・生徒のスポーツ活動を圧迫しがちである、〔3〕校友会や後援会の金銭的援助に頼ることが多く、学校教育の正常な運営が妨げられるきらいがある、〔4〕その活動が学校の指導責任の範囲を逸脱しかねない、などの問題点があることも否定できない。[井上治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選手制度の関連キーワード集中化戦略エンゲージリーダーシステム運動選手集団食中毒所要量通貨先物(Financial Futures)特定承継人サンビスト失権 (disqualification)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選手制度の関連情報