コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺存種 いぞんしゅ relic; relict

7件 の用語解説(遺存種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺存種
いぞんしゅ
relic; relict

過去において栄えていた生物がその後に衰微し,現在わずかにある地域に生残っている生物。残存種,残留種,レリックともいう。シーラカンスイチョウ (銀杏) などはその例。 (→生きている化石 )。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いそん‐しゅ〔ヰソン‐〕【遺存種】

残存種(ざんそんしゅ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遺存種【いぞんしゅ】

レリック,生きている化石とも。地質時代に栄えたが,その後は衰えている生物または生物群。植物ではイチョウメタセコイア,動物ではシーラカンスライチョウなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

遺存種

残留物

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いぞんしゅ【遺存種】

かつては繁栄していた生物が絶滅しかかったり,あるいは地理的隔離をうけたり形態的,生理的に特殊化したことで絶滅しやすい状態におかれている生物種。残存種あるいはレリックrelicレリクトrelictともいう。種ばかりでなく,ファウナ(動物相)やフロラ(植物相),また個体群についても用いられることがある。ふつう沖縄本島ヤンバルクイナや西表(いりおもて)島のイリオモテヤマネコのように,島に孤立化している地理的に分布の狭いものが例にあげられているが,いろいろなカテゴリーのものが含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いそんしゅ【遺存種】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺存種
いぞんしゅ

過去、地球上で繁栄した生物で絶滅の道をたどっているものが、特別の環境内にわずかに生存しているものをいう。「生きている化石」ともいい、レリックrelic(またはレリクトrelict)すなわち残存生物のことをさす。アメリカの古生物学者G・G・シンプソンは、遺存種として残っている生物を次の五つの型に分類している。
(1)数量的レリック かつて数量的に個体数が多かったものが少数生き残っているもので、インドサイがその例にあたる。
(2)地理的レリック かつて地理的に広い範囲に分布していたものが、現在では限られた地域にだけ生存しているもので、イチョウ、メタセコイアなどがこれに属し、また氷河時代に広く分布していて今では高山にのみ認められる植物やナキウサギ、ライチョウ、ウスバキチョウなどもこの例に入る。
(3)系統的レリック 系統進化のうえで原始的な生物が、ほとんど進化しないまま生存している場合で、ゼニゴケやトクサなどの植物や、シャミセンガイ、シーラカンスなどがこの例に入る。
(4)分類的レリック かつては分類学上多くのグループが存在していたが、現在では少数の種類だけしか生存していないもので、ゾウがこの例にあたる。
(5)環境的レリック かつて特定の環境に適応して繁栄した生物が、その後の環境の変化に適応しつつ形質を保って生き残っているもので、ガラパゴス島のウミトカゲやリクトカゲ、バイカル湖のアザラシなどがその例にあたる。
 ただし、遺存種には上記の分類の二つ以上の性質を示すものがあるため、簡単に分類することはできない。こうした遺存種は過去の生物を復元し、系統進化の過程や原因を知るために貴重な手掛りを与えてくれる。[大森昌衛]
『井尻正二・真野勝友・堀田進著『「新」文明のなかの未開――レリックの世界』(1998・築地書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遺存種の言及

【生きている化石】より

…地質時代に全盛期を迎え,現在はその系統の末裔が,基本的な性質をあまり変えないまま,細々と生きている動植物の通称。広義の遺存種(残存生物)に含まれるが,ふつうレリックまたはレリクトと称されるものは,氷河時代に寒冷種が南下して分布していたのに,後氷期となって大勢は北上したにもかかわらず高地などに残存し,隔離分布の形をとるようになったグループを指すので,生きている化石の典型ではない。生きている化石の典型とは,例えば中生代以後のように,かなり長い年代を存続しているグループのことであり,したがって体制としてもより原始的な構造を多くとどめているのが特徴といえる。…

※「遺存種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遺存種の関連キーワード天変地異説絶滅種絶滅背景絶滅日本狼老大国絶滅率一定の法則絶滅動物絶滅生物ヒラコテリウム (Hyracotherium)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone