コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便ポスト ゆうびんポスト

4件 の用語解説(郵便ポストの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ゆうびんポスト【郵便ポスト】

ポスト

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

郵便ポスト【ゆうびんポスト】

現行郵便規則では郵便差出箱という。郵便物は,郵便局の窓口か,この差出箱に差し出さなければならない。官設と私設(民間企業や官庁が手数料を払って自ら設置するもの)があり,形から柱箱形と掛箱形のほか郵便車などに設置されたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうびんポスト【郵便ポスト】

郵便を差し出す容器を一般にポストあるいは郵便ポストと呼んでいるが,郵政省の正式名称は郵便差出箱である。郵便局で設置しているもの(官設)と,郵便利用の多い企業等が郵便局の承認を得て設置しているもの(私設)とがあり,両者を合わせ約16万8000個(1997年3月現在)のポストが日本に設置されている。形の上から分類すると,路上に立つ柱形のものと,壁面に掛ける掛箱形の2種に大別できる。 ポストの歴史は古く,フランスではルイ14世の1653年にパリ市内の要所に設置され,イギリスでは1852年に登場した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郵便ポスト
ゆうびんぽすと

郵便物を差し出すために設置された容器。ポストの名で親しまれているが、郵便法で定められた正式名称は「郵便差出箱」という。[小林正義]

初期のポスト

日本で郵便が創業された1871年(明治4)には、書状集箱(あつめばこ)、集信(しゅうしん)箱という名称で、東京、京都、大阪の3都と、東海道筋の宿場に設置された。郵便局やポストを設置したこと、郵便切手を使用したことなどが、従来の飛脚制度と近代的な郵便制度が異なる点であり、新式郵便と称された理由の一端がある。翌72年には、木製黒色(チャン塗り)の四角い柱形のポストがつくられ、この形のものが、明治時代のポストの座を占めることになった。郵便創業当時の著名なエピソードに、ポストをトイレと間違えたという話がある。それはこの形のポストで、当時はポストの正面に「郵便箱」と表示されていたが、それを「垂便箱」と読んだのが原因であった。
 1901年(明治34)には、鉄製で円筒形の赤いポストの試用が始まったが、これを試作したのは民間の俵屋高七、中村幸治である。このテストを踏まえ、08年10月の公達第808号によって、ポストは鉄製で円筒形、色は赤と定められた。同じく鉄製の掛形式の掛函(かけばこ)も、このとき定められている。のちの鉄製で円筒形のポストと違うところは、郵便物の差出口が回転盤となっており、この回転盤を回すと、差出口が現れる構造であった。
 1929年(昭和4)4月に航空郵便の取扱いが開始され、このときに一般のポストより胴が細めの空色のポストが登場した。航空郵便専用郵便柱函(ちゅうかん)とよばれるもので、青色の速達専用ポストのいわば先駆けとなったものである。なお、掛函式のポストに対し、柱形のポストは「柱函」とよばれていた。
 ポストの正式名称が郵便差出箱となったのは1949年(昭和24)で、ナンバーをつけてその種類が区別されるようになった。以前は、路上に設置する郵便柱函(現在の柱形)と、壁面などに掛けて設置する郵便掛函(現在の箱形)に2分類されていた。1871年(明治4)の郵便創業時の白木造りのポストは、この掛函の祖形と考えられる。1883年には、掛函の色が、草色となったこともあった。
 1908年(明治41)に、円筒形の赤い鉄製のポストの仕様が定められたが、当時は、まだ黒い木製のポストが多かった。37年(昭和12)ごろになると、戦時体制が強化され、武器、弾丸などをつくるため、鉄製ポストが供出された。そのため、コンクリートや陶器製の「国策ポスト」とよばれるものが登場し始め、掛函も木製となった。円筒形の赤い鉄製ポストが、新しい装いのもとに復活したのは、第二次世界大戦後の1950年である。[小林正義]

現代のポスト

昭和30年代の高度経済成長とともに、郵便の利用が急上昇し始めたため、ポストは改善され、また新種のポストも次々と出現した。特徴としては、ポストが角型化する点にあった。1951年(昭和26)には、道路事情等にあわせて、従来型円筒の鉄製ポストが改善され、胴の上部と下部が自由に動き、差出口と取出口の位置が変えられるものとして再登場した。これは1号ポストとよばれた。同年には、容量の大きい角型の3号ポストも初登場した。また壁面などにかける箱形のポストは2号ポストとよばれた。1959年に、配達する郵便物を事前に運び、保管しておく格納庫を備えた前送保管箱つきポスト(6号ポスト)と、速達専用の青色のポスト(4号ポスト)が登場した。1960年には箱形で大型(5号ポスト)が登場し、ポストの制式が1号から6号となった。これによって、ポストをナンバーでよぶことが定着した。1962年には、都内あてと他府県あてというように、あて先を分けて差し出してもらう、差出口が二つある方面別ポスト(7号ポスト)が登場した。ポストが大型化し、角型化したのは、内部に取集袋をセットして取集作業を効率化したためである。この7号ポストは、東京、大阪などの大都市に多く建てられたが、翌63年には、郵便差出しが比較的少ない地域に設置する8号ポストが登場した。
 1970年(昭和45)に、角型の1号ポストが登場し、従来からの円筒形のものとともに1号ポストとよばれるものが2種となった。郊外に大型の住宅が建設されるようになると、壁面にかける形では不都合が生じ、路上に設置のできる9号ポストが74年に登場した。81年9月1日、告示第668号によって、ポストの制式を一括告示し、柱形14種、箱形2種とした。それ以前にも記念ポストが建てられていたが、このとき、通常ポストの上部に、記念等のためにデザインした装飾を設置できることにした。1998年(平成10)12月に、従来の角型ポスト上部の屋根に緩やかなカーブをつけ、角に丸みを感じさせる新式のポスト14種が開発され、これを加えたポストの制式が新しく告示された。翌99年には、この新しい角型のポストが各地に登場し始めた。なお、全国各地のポストの設置数は、1998年度末で約17万3000本となっている。
 ポストの形状、色彩は、各国の風土的な状況などに対応し、青、赤、黄、緑と個性的である。その名称もそれぞれに異なっている。フランスはbote aux lettres、イギリスはpost boxあるいはletter boxといい、アメリカはmailboxとよぶ。ドイツではBriefkastenといい、中国ではユートンとよんでいる。[小林正義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郵便ポストの関連キーワードポスト料金別納郵便インテルポスト小差し出づ差掛ける差付ける差出差し取るシティーポストポストマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郵便ポストの関連情報