コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便書簡(読み)ユウビンショカン

デジタル大辞泉の解説

ゆうびん‐しょかん〔イウビン‐〕【郵便書簡】

日本郵便株式会社が販売する封筒兼用の便箋(びんせん)。郵便料金を表す料額印面が印刷してある。通信文を書いた面を内側に折り畳み、封をする。第一種郵便物の一。ただし、重さ25グラムを超えると定形外郵便物の料金が適用される。もとの封緘葉書(ふうかんはがき)。ミニレター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

郵便書簡【ゆうびんしょかん】

封筒兼用便箋(びんせん)の用紙で,通信文を書いて折りたためば,そのまま郵便物として差し出せる。全体の重さが25g以内であれば,写真や紙片などを封入することもできる。郵政省が発行。第1種郵便物に含まれる。料金は60円,外国へ出す航空書簡は90円。古くは封緘(ふうかん)はがき,簡易書簡などといわれた。ミニレターとも。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郵便書簡
ゆうびんしょかん

郵便料金を表す証票が印刷してある郵便事業株式会社(日本郵便)発行の封筒兼用の便箋(びんせん)。1900年(明治33)以来の封緘(ふうかん)葉書、第二次世界大戦後の便箋兼用の切手付き封筒(1948)、簡易書簡(1949)、簡易てがみ(1958)の流れを継いで、1966年(昭和41)7月1日の郵便法(昭和22年法律165号)改正に伴い郵便書簡と改称されたのがその始まりである。罫(けい)が印刷されている部分に通信文などを書き、折り目に沿ってフラップを折り畳み、封をすれば、そのまま低料金の第一種郵便物となる。総重量25グラムを超えない範囲なら、内部に薄いものを封入することもできる。手軽に利用できるので、ミニレターの愛称がつけられている。1981年の郵便科金の全面的な値上げのとき、郵便書簡だけは旧料金(50円。1994年から60円、2014年から62円)のまま据え置かれ、葉書と書状の中間料金という経済性が買われ、その利用価値が見直された。[今井 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郵便書簡の言及

【郵便】より

…航空機の使用は1919年の航空郵便の試行に始まり,漸次拡充を見たが,東京~大阪~福岡間の航空郵便が正式に開設されたのは29年のことである。航空機の利用は従来は速達扱いの場合に限られていたが,66年10月から普通扱いの小型通常郵便物(定形郵便物,郵便書簡,郵便はがき)の,82年5月から本土~沖縄間,沖縄県内相互間で大型通常郵便物の,同年6月からは全国で速達小包郵便物の航空機輸送を開始した。一般に遠距離には航空機や鉄道,近距離には自動車がそれぞれ使用されていたが,84年2月には鉄道主体の輸送体系を自動車主体の体系に大改正し,86年10月には鉄道郵便局を全廃した。…

※「郵便書簡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android