コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷挙里選 キョウキョリセン

3件 の用語解説(郷挙里選の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうきょ‐りせん〔キヤウキヨ‐〕【郷挙里選】

中国、代に行われた官吏登用制度。郷里の有能な者、有徳者を地方長官が官吏に推薦するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうきょりせん【郷挙里選】

中国、前漢の武帝のときに制定され、後漢に継承された官吏採用方法。郷里における人物批評をもとに、才能や徳行のある者を地方長官が官吏に推薦するもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷挙里選
きょうきょりせん

中国、漢代に行われた官吏登用法の一つ。「郷より挙げ、里から選ぶ」の意。地方から人格、能力とも優れた者を有力者に推薦させて、これを官吏として採用する方式。在野の人士を抜擢(ばってき)することは、必要に応じて行われていたが、これが制度化され、地方官を通して、毎年、一定人員を推薦させることになったのは、武帝による「孝廉科(こうれんか)」の設置に始まる。儒家の理念に沿うものとして後漢(ごかん)期に盛んとなり、後の九品中正法(きゅうひんちゅうせいほう)に受け継がれたが、官吏の登用を地方の豪族層の裁量にゆだねるという道を開いた。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郷挙里選の関連キーワード科挙九品中正法賢良貢挙三舎省試明法試策問頭郷挙里選の法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone