コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷挙里選 キョウキョリセン

デジタル大辞泉の解説

きょうきょ‐りせん〔キヤウキヨ‐〕【郷挙里選】

中国、代に行われた官吏登用制度。郷里の有能な者、有徳者地方長官が官吏に推薦するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうきょりせん【郷挙里選】

中国、前漢の武帝のときに制定され、後漢に継承された官吏採用方法。郷里における人物批評をもとに、才能や徳行のある者を地方長官が官吏に推薦するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷挙里選
きょうきょりせん

中国、漢代に行われた官吏登用法の一つ。「郷より挙げ、里から選ぶ」の意。地方から人格、能力とも優れた者を有力者に推薦させて、これを官吏として採用する方式。在野の人士を抜擢(ばってき)することは、必要に応じて行われていたが、これが制度化され、地方官を通して、毎年、一定人員を推薦させることになったのは、武帝による「孝廉科(こうれんか)」の設置に始まる。儒家の理念に沿うものとして後漢(ごかん)期に盛んとなり、後の九品中正法(きゅうひんちゅうせいほう)に受け継がれたが、官吏の登用を地方の豪族層の裁量にゆだねるという道を開いた。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

郷挙里選の関連キーワード魏(中国、三国の一つ)三国時代尾形曹丕選挙徳行武帝後漢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android