コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都幾川[村] ときがわ

1件 の用語解説(都幾川[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ときがわ【都幾川[村]】

埼玉県中央部,比企郡の村。人口8637(1995)。秩父山地東縁に位置し,荒川の支流都幾川の上流域を占める。村域の大半が山林で,林業が盛ん。建具製造業も盛んで,江戸時代から現在まで有力な地場産業となっており,全国に出荷されている。山間の段々畑では茶がつくられ,弓立山の南西斜面ではミカンが栽培されている。天台宗の古刹(こさつ)慈光寺には国宝の《法華経一品経》のほか,重要文化財の開山塔など文化財が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都幾川[村]の関連キーワード本宮北本高知埼玉坂戸狭山いちごの里よしみおがわまち大塚奓恵八尊海(1)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone