コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川村 たまかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉川〔村〕
たまかわ

福島県中部,阿武隈川上流右岸から阿武隈高地西斜面にある村。 1955年須釜と泉の両村が合併成立。米作のほか野菜・果樹栽培,養豚も行われる。東福寺舎利 (しゃり) 石塔は国の史跡に指定されている。西端を JR水郡線,国道 118号線が通る。面積 46.67km2。人口 6777(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の玉川村の言及

【厚木[市]】より

…神奈川県のほぼ中央にある市。1955年厚木町と南毛利,睦合(むつあい),小鮎,玉川の4村が合体,市制。人口20万8627(1995)。県央部を南下する相模川が中津川,小鮎川と合流する地点にあたり,丹沢,津久井の山地からの林産物と相模中央の農産物,相模湾から北上してくる海産物とが交易される河港として町が発生した。江戸時代以降は東海道の脇往還矢倉沢街道の宿駅として栄え,小江戸ともいわれた。明治中ごろ東海道本線が相模湾沿いに開通したことから,一時衰微したが,1920年代に神中(じんちゆう)線(現,相模鉄道線),JR相模線,27年に小田急線が開通し横浜,東京と直結するようになって勢いをとりもどした。…

※「玉川村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉川村の関連キーワード福島県石川郡玉川村四辻新田福島県石川郡玉川村山新田福島県石川郡玉川村岩法寺福島県石川郡玉川村南須釜福島県石川郡玉川村北須釜福島県石川郡玉川村山小屋埼玉県比企郡ときがわ町福島県石川郡玉川村蒜生福島県石川郡玉川村竜崎福島県石川郡玉川村川辺福島県石川郡玉川村小高玉川(埼玉県の旧町名)福島県石川郡玉川村中福島県石川郡玉川村吉須釜東福寺舎利石塔ときがわ[町]玉川村の要覧大牟田(市)黄金井 為造福島県石川郡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉川村の関連情報