鄙びる(読み)ひなびる

精選版 日本国語大辞典「鄙びる」の解説

ひな‐・びる【鄙びる】

〘自バ上一〙 ひな・ぶ 〘自バ上二〙 (「びる」は接尾語)
① いなかふうになる。いなかくさく、やぼったくなる。いなかびる。ひなめく。
※伊勢物語(10C前)一四「歌さへぞひなびたりける」
② ことばが訛(なま)る。〔字鏡集(1245)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鄙びる」の解説

ひな・びる【×鄙びる】

[動バ上一][文]ひな・ぶ[バ上二]いかにも田舎という感じがする。いなかめく。「山あいの―・びた温泉場」
[類語]田舎在郷ざいごう在所在地在方ざいかた近在田園ひな地方辺地辺境僻地へきち僻陬へきすう辺鄙奥地辺土ローカル片田舎草深い牧歌的パストラル田舎めく田舎びる田舎立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android