鄙びる(読み)ひなびる

精選版 日本国語大辞典 「鄙びる」の意味・読み・例文・類語

ひな‐・びる【鄙びる】

〘自バ上一〙 ひな・ぶ 〘自バ上二〙 (「びる」は接尾語)
① いなかふうになる。いなかくさく、やぼったくなる。いなかびる。ひなめく。
伊勢物語(10C前)一四「歌さへぞひなびたりける」
② ことばが訛(なま)る。〔字鏡集(1245)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鄙びる」の意味・読み・例文・類語

ひな・びる【×鄙びる】

[動バ上一][文]ひな・ぶ[バ上二]いかにも田舎という感じがする。いなかめく。「山あいの―・びた温泉場」
[類語]田舎在郷ざいごう在所在地在方ざいかた近在田園ひな地方辺地辺境僻地へきち僻陬へきすう辺鄙奥地辺土ローカル片田舎草深い牧歌的パストラル田舎めく田舎びる田舎立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android