(読み)コク

デジタル大辞泉の解説

こく【酷】

[形動][文][ナリ]度を越して厳しいさま。思いやりがなくむごいさま。「な処分」「彼にとってその評言はだ」

こく【酷】[漢字項目]

常用漢字] [音]コク(呉)(漢) [訓]ひどい むごい
容赦がなく、きびしい。むごい。「酷刑酷使酷薄酷吏苛酷(かこく)過酷厳酷残酷冷酷
程度がひどい。はなはだ。「酷寒酷似酷暑酷熱
[名のり]あつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こく【酷】

( 形動 ) [文] ナリ 
きびしすぎるさま。むごいさま。 「 -な言い方」 「あまりにも-な条件だ」 「その批評は、少し-ではないか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酷の関連情報