コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸乳 さんにゅう

3件 の用語解説(酸乳の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さんにゅう【酸乳】

牛乳などを乳酸発酵させた飲料。また、これに甘味料・香料などを加えた飲み物。乳酸飲料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんにゅう【酸乳 sour milk】

牛乳や脱脂乳を乳酸菌により発酵させてつくる酸味を有する液状または半流動状の製品。この種の製品は,日本の規格では無脂乳固形分と菌数の基準により発酵乳(ヨーグルトなど)と乳酸菌飲料に分類される。(1)ヨーグルト 酸乳では最古のものとして知られている。古くから東地中海沿岸諸国で製造され,この地方に長寿者が多いのはヨーグルトを常食するためであるというE.メチニコフの説は有名である。牛乳または脱脂乳を殺菌し,ブルガリアLactobacillus bulgaricus,アシドフィルス菌L.acidophilus,サーモフィルス菌Streptococcus thermophilusなどの乳酸菌を接種して,30~40℃で10~15時間発酵させると,爽快な酸味と滑らかな組織をもつ製品が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の酸乳の言及

【発酵乳】より

…ウシ,ヤギ,ヒツジ,ウマなどの乳を原料とし,これに乳酸菌や酵母を培養して発酵させ,特有の風味を与えた乳製品。アルコール発酵乳と酸乳の2種類に大別できる。日本の規格では,これらの製品のうち無脂乳固形分8.0%以上,1ml当り菌数1000万以上のものを発酵乳という。…

※「酸乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸乳の関連キーワード発酵乳サワーミルク乳酒酸乳飲料ソーダブレッド乳糖発酵酵母発酵ソーセージ発酵バターミルク部分脱脂乳マロラクティック発酵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸乳の関連情報