酸化スズ(読み)さんかすず(英語表記)tin oxide

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸化スズ」の解説

酸化スズ
さんかすず
tin oxide

スズと酸素の化合物。次の2種の化合物がよく知られている。ほかに三酸化二スズSn2O3や、さらに酸素の含有量の多いSn3O4なども報告されている。

(1)酸化スズ(Ⅱ) スズ(Ⅱ)塩溶液にアンモニア水を加えて生じた沈殿を脱水してつくる。青黒色の金属様結晶。水に不溶。両性で酸、アルカリに溶ける。空気中で熱すると220℃以上で酸化スズ(Ⅳ)になる。還元剤として用いる。スズ(Ⅱ)塩を加水分解すると水和物3SnO・H2Oが得られる。これは[Sn6O8H4]のようなクラスター化合物である。

(2)酸化スズ(Ⅳ) 天然には錫石(すずいし)として産出する。金属スズを空気中で熱するか、スズを硝酸に溶かしたものを強熱して得られる。無色の結晶。水、アルカリ、アンモニア水に不溶。水酸化アルカリと溶融するとスズ(Ⅳ)酸塩となる。電気伝導性がある。炭素または水素と熱すると金属スズを得る。錫石は金属スズの原料、ガラスや金属の研摩材、エナメルや乳色ガラスの製造などに用いる。スズ(Ⅳ)塩水溶液をアンモニアなどで加水分解すると水和物SnO2・H2Oが得られるが、これは通常スズ酸とよばれるゼラチン状沈殿で、乾燥するとガラス状となる。

[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「酸化スズ」の解説

酸化スズ
サンカスズ
tin oxide

】酸化スズ(Ⅱ):SnO(134.71).塩化スズ(Ⅱ)水溶液にアンモニア水,水酸化アルカリ水溶液などを加えて水酸化スズ(Ⅱ)を沈殿させ,これを空気に接しないようにして脱水すると得られる.黒~灰色の等軸晶系結晶.密度6.44 g cm-3.700 ℃ 以上で分解する.水,希アルカリ,アンモニア水に不溶,酸,アルカリに可溶.空気中で熱すると酸化スズ(Ⅳ)になる.水素気流中ではスズに還元される.スズ(Ⅱ)化合物の原料,ガラスのめっき,還元剤に用いられる.[CAS 21651-19-4]【】酸化スズ(Ⅳ):SnO2(150.70).二酸化スズともいう.天然にはスズ石として産出する.スズを空気中で強熱すると得られる.白色の粉末.密度6.95 g cm-3.融点1127 ℃.水,アルカリ,アンモニア水に不溶で,一般試薬と反応しにくいが,濃硫酸にはスズ(Ⅳ)塩となって溶ける.陶磁器のうわぐすり・着色剤,特殊ガラス(透明導電性ガラス),パテ,化粧品,触媒,ガスセンサー材料,金属スズの原料として用いられる.[CAS 18282-10-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化スズ」の解説

酸化スズ
さんかスズ
tin oxide

(1) 酸化スズ (II) ,酸化第一スズ  SnO 。青黒色ないし灰色の正方晶系結晶。比重 6.39。水に不溶。 (2) 酸化スズ (IV) ,酸化第二スズ,  SnO2 。錫石として産出。天然物は着色しており,合成物は無色粉末である。水に不溶。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android