コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野辺山高原 のべやまこうげん

3件 の用語解説(野辺山高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野辺山高原
のべやまこうげん

長野県東部,八ヶ岳の赤岳東麓の広大な斜面。南牧村・川上村に属する。標高 1300~1450mの高冷地。第2次世界大戦までは原野が広く,軍用地,ウマの放牧地,ジャガイモの栽培地に利用されていたが,戦後開拓団が入植して急速に開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕野辺山高原(のべやまこうげん)


長野県東部、八ヶ(やつが)岳連峰の主峰赤(あか)岳(標高2899m)東麓(とうろく)に広がる火山灰台地一帯。酪農と高原野菜の栽培が盛ん。国立天文台野辺山電波天文台がある。南隣の山梨県清里(きよさと)とともに観光地化し、旅館・ペンションなどの施設が並ぶ。北に続く八ヶ岳高原には大規模分譲別荘地がある。JR小海(こうみ)線野辺山駅はJR駅中の最高所(同1346m)として有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野辺山高原
のべやまこうげん

長野・山梨県境、八ヶ岳(やつがたけ)連峰の東麓(とうろく)に展開する高原。標高1300メートル前後で、野辺山原ともいう。厳冬期には-20℃以下となる高冷地で、盛夏でも25℃に達しない。近世は佐久(さく)甲州街道(国道141号)が通じ、幕府は行路者救済のためお助け集落(南佐久郡南牧村板橋)を設けた。低温と酸性の火山灰土壌、および乏水のため長く原野であったが、長野県側では昭和初年に開拓者が入り、第二次世界大戦後全国からの入植者により全面的に開拓された。現在は日本の代表的高原野菜の産地で、夏産のレタスは東京市場の60%を占める。牧場もあり、広大な高原には野菜畑やサイロのある酪農家が点在する。山梨県側は農業開拓はほとんどなく、カラマツや雑木林の中に学校の寮や民宿が点在する典型的な高原保養地。なお、東日本旅客鉄道小海(こうみ)線野辺山駅西方は標高1346メートルで、わが国の鉄道の最高所である。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野辺山高原の関連キーワード赤岳小海八ヶ岳・八ヶ嶽八ヶ岳自然文化園八ヶ岳高原線茅野市八ヶ岳総合博物館長野県諏訪郡原村長野県南佐久郡南牧村八千穂〈村〉長野県諏訪郡原村やつがね

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野辺山高原の関連情報