金器・銀器(読み)きんきぎんき

世界大百科事典 第2版の解説

きんきぎんき【金器・銀器】

金または銀を素材にした器物全般を指す場合と容器のみをいう場合がある。日本では後者が一般的で,前者金銀製品といって区別する。中国の用法は前者。鋳造,槌起,截断といった製作技法があるほか,トルコ石,メノウ,紅玉髄ラピスラズリ,コハク,カメオ半貴石やガラスを嵌入する製品もあり,他の金属製品の文様を金銀で象嵌貼付,メッキすることも普通である。金・銀の合金(エレクトロンエレクトラム)もある。金銀器はつぶして新たな器物とする場合も多いので,同一文化・地域の中でもその変遷を把握しがたいことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android