金堤(読み)きんてい(英語表記)Kimje

世界大百科事典 第2版の解説

きんてい【金堤 Kimje】

韓国,全羅北道西部,黄海沿岸の都市。人口12万8490(1995)。朝鮮半島最大を誇る湖南平野の中心部を占める水田地帯にある。朝鮮の穀倉として古くから灌漑に力が入れられ,新羅時代に碧骨堤という大規模な貯水池が建設された。現在は蟾津江(せんしんこう)上流のダムの貯水を東津江へ落すと流路変更式の水利など人工灌漑がよく発達し,収穫を安定させている。行政および農業機関が集中するほか商業中心地として市街地化が進んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金堤
きんてい / キムジェ

韓国(大韓民国)、全羅北道(ぜんらほくどう/チョルラブクト)西部の市。湖南(こなん/ホナム)平野の中心地。面積545.32平方キロメートル、人口10万2428(2000)。1989年、金堤郡の一部を分離し、金堤市として設置。95年、金堤郡と統合。標高100メートル未満の丘陵性地形と、万頃江(まんけいこう)、東津江、斗月川の沖積地であり、海岸には干潟が広がる。有数の穀倉地帯で、米、裸麦などの主穀作物と養蚕、果樹栽培が盛んである。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android