コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖南平野 こなんへいや

3件 の用語解説(湖南平野の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湖南平野【こなんへいや】

全北平野,金万平野とも。韓国南西部の忠清南道全羅北道にまたがる朝鮮第1の平野。5000km2。万頃江・東津江流域一帯は沖積平野だが,それ以外は車嶺・蘆嶺山脈が浸食で準平原化したもの。
→関連項目錦江群山京畿道全州朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こなんへいや【湖南平野 Honam‐p‘yŏngya】

韓国南西部,黄海沿岸の平野。北は車嶺山脈,南は蘆嶺山脈によって画された,南北約80km,東西約50kmの幅をもつ韓国最大の平野である。河川流域の沖積平野を除き大部分が標高30mほどの準平原からなり,一部に残丘がみられる。錦江,万頃江,東津江等の水脈が縦横に走り,古くから米,麦を中心とした朝鮮半島随一の穀倉地帯として知られている。中心都市として,全州群山益山(旧名は裡里)などがある。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖南平野
こなんへいや / ホナムピョンヤ

韓国(大韓民国)南西部の平野。蘆嶺(ろれい/ノリョン)山脈の西、錦江(きんこう/クムガン)、万頃江(まんけいこう)、東津江の流域にあり、東西約50キロメートル、南北約80キロメートルに達する韓国最大の平野である。北部の錦江下流に属する部分はきわめて狭く、大部分が万頃江と東津江の流域に属する。土壌が肥沃(ひよく)で気候が温和なうえ、灌漑(かんがい)施設が完備されているので、主要な米作地帯として韓国第一の穀倉地帯となっている。黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)岸では干拓事業が行われている。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖南平野の関連キーワード錦江黄海南道黄海北道小興安嶺山脈全羅南道全羅北道宮崎平野里雪南嶺山脈ポルトロージュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone