コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖南平野 こなんへいや

3件 の用語解説(湖南平野の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湖南平野【こなんへいや】

全北平野,金万平野とも。韓国南西部の忠清南道全羅北道にまたがる朝鮮第1の平野。5000km2。万頃江・東津江流域一帯は沖積平野だが,それ以外は車嶺・蘆嶺山脈が浸食で準平原化したもの。
→関連項目錦江群山京畿道全州朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こなんへいや【湖南平野 Honam‐p‘yŏngya】

韓国南西部,黄海沿岸の平野。北は車嶺山脈,南は蘆嶺山脈によって画された,南北約80km,東西約50kmの幅をもつ韓国最大の平野である。河川流域の沖積平野を除き大部分が標高30mほどの準平原からなり,一部に残丘がみられる。錦江,万頃江,東津江等の水脈が縦横に走り,古くから米,麦を中心とした朝鮮半島随一の穀倉地帯として知られている。中心都市として,全州群山益山(旧名は裡里)などがある。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖南平野
こなんへいや / ホナムピョンヤ

韓国(大韓民国)南西部の平野。蘆嶺(ろれい/ノリョン)山脈の西、錦江(きんこう/クムガン)、万頃江(まんけいこう)、東津江の流域にあり、東西約50キロメートル、南北約80キロメートルに達する韓国最大の平野である。北部の錦江下流に属する部分はきわめて狭く、大部分が万頃江と東津江の流域に属する。土壌が肥沃(ひよく)で気候が温和なうえ、灌漑(かんがい)施設が完備されているので、主要な米作地帯として韓国第一の穀倉地帯となっている。黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)岸では干拓事業が行われている。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone