コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融再生委員会 きんゆうさいせいいいんかい Financial Reconstruction Commission

4件 の用語解説(金融再生委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融再生委員会
きんゆうさいせいいいんかい
Financial Reconstruction Commission

金融機関への破綻処理,許認可などを担当するため,内閣府の外局として 2001年まで設置された機関。経営悪化した金融機関の円滑処理を目指し,1998年 10月に施行された金融再生委員会設置法に基づき,同年 12月に発足した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金融再生委員会

98年12月、一時国有化銀行の処理や公的資金注入を公正に進めるために、政府が2年間の時限で設けた。初代委員長(金融再生担当相)は柳沢伯夫氏。ほかに金融、産業、裁判所監査法人の各分野から4人の委員が選ばれた。事務局には大蔵省など省庁からの出向組のほか、公認会計士弁護士など民間人も参加した。

(2007-12-15 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金融再生委員会【きんゆうさいせいいいんかい】

旧行政機関。1998年10月に成立した金融委員会設置法に基づき,総理府の外局として同年12月に発足。同時に成立した金融再生法金融機能早期健全化法を運用し,大蔵省の金融行政から切り離された独立行政委員会で,金融監督庁と大蔵省の金融企画局を統括し,金融システムの再生に取り組んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金融再生委員会
きんゆうさいせいいいんかい

1998年(平成10)10月の金融再生委員会設置法に基づき、12月に旧総理府の外局として発足した独立行政委員会。2001年1月の中央省庁再編では、これに先だつ2000年7月に発足していた内閣府外局の金融庁に統合された。
 旧金融再生委員会は委員長と委員4人で組織され、委員長には閣僚があてられていた。同委員会の下に、金融監督庁と株価算定委員会が置かれていた。委員会の権限は、(1)金融破綻(はたん)処理制度、金融危機管理に関する調査、企画、立案、(2)金融整理管財人による管理、特別公的管理などの金融機関破綻処理に関すること、(3)銀行等の免許に関する事務だが、(1)については旧大蔵省との共同管轄となっていた。発足以来、日本長期信用銀行(現、新生銀行)、日本債券信用銀行(現、あおぞら銀行)、国民銀行(2000年八千代銀行に営業譲渡)、幸福銀行(現、関西アーバン銀行)などの破綻処理を行ってきた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融再生委員会の関連キーワード足利銀行日本債券信用銀行日本長期信用銀行新生銀行あおぞら銀行銀行の国有化足利銀行の経営破綻不良債権処理旧長銀の破綻と責任追及日債銀の破綻

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融再生委員会の関連情報