コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融監督庁 きんゆうかんとくちょう

百科事典マイペディアの解説

金融監督庁【きんゆうかんとくちょう】

旧庁名。総理府の外局として1998年6月設置。同年12月に総理府外局として金融再生委員会が設置され,その下に置かれる形に変更された。初代長官日野正晴。大蔵省の金融行政のうち,証券取引等監視委員会や検査,監督機能を分離,独立させたもので,本庁の人員は当初約400人。
→関連項目銀行法金融再生委員会早期是正措置日本債券信用銀行[株]破綻金融機関福徳銀行[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんゆうかんとくちょう【金融監督庁】

国家行政組織法第3条に基づく新機関で,1998年6月,総理府の外局として発足。1996年12月,市場規律を基軸に透明で公正な金融行政に転換するため金融行政機構の抜本的改革が与党3党で合意された。97年6月に〈金融監督庁設置法案〉が成立し,首相が民間金融機関などの検査・監督を所管することになったが,実際は首相の委任を受けた金融監督庁の長官(非閣僚)が行う。 金融監督庁には,大蔵省の大臣官房金融検査部,証券取引等監視委員会,銀行局と証券局の監督部門が移り,局を置かず部制とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融監督庁
きんゆうかんとくちょう

金融庁」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金融監督庁
きんゆうかんとくちょう

旧大蔵省から金融機関の検査・監督機能を分離・独立させて1998年(平成10)6月22日に発足した組織。2000年7月、金融庁に組織替えした。
 金融監督庁は、財政、金融行政両面で巨大な権限をもつ大蔵省の改革、解体の議論の目玉として登場した。1998年12月の金融再生委員会の発足に伴ってその下に置かれることになり、民間金融機関の検査・監督、破綻(はたん)処理などにあたった。傘下に証券取引等監視委員会をもち、スタッフ数は同委員会を含め535人(1999年度末)であったが、要となる検査要員をはじめスタッフの大半は大蔵省からの転籍者。なお、大蔵省は2001年1月の中央省庁再編で、金融行政にかかわる権限、機能を縮小して財務省と改称した。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金融監督庁の関連キーワードインターネットバンキング金融再生トータルプラン中央省庁等改革基本法マネー・ロンダリングマネーロンダリングノーリターンルール金融商品取引法証券取引審議会長期信用銀行ネット銀行金融審議会住専問題財金分離内閣府財務省金融業

金融監督庁の関連情報