弁証(読み)ベンショウ

デジタル大辞泉「弁証」の解説

べん‐しょう【弁証/×辯証/×辨証】

[名](スル)弁論によって証明すること。また、是非・善悪を別して証明すること。
「シォペンハウエルの―したる仏法の教理」〈上田敏訳・海潮音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「弁証」の解説

【弁証】べんしよう

是非を立証する。〔唐書、銭伝〕江州司馬に貶せらる。(楊)汝士等、(き)に(・()紳の私書を出だし、自ら直くすることをむ。曰く、(いやし)くも心に愧(は)づること無くんば、安(いづく)んぞ辨證を事とせんやと。子弟に敕(いまし)めて書を焚(や)かしむ。

字通「弁」の項目を見る

【弁証】べんしよう

区別し証拠だてる。清・金農〔楊知・陳章、冬心(金農)のを過(よぎ)る~〕詩 と 字、古より(たつと)ぶ 吉金(金文)貞石(碑文)の志(記録) 辯證、株源を(あつ)む

字通「弁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android