コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南浦文之 ナンポブンシ

デジタル大辞泉の解説

なんぽ‐ぶんし【南浦文之】

[1555~1620]江戸初期の禅僧日向の人。名は玄昌。島津氏に仕え、薩摩の竜源寺・大竜寺などに住す。「四書集註」などに和訓(文之点)を施したことで知られる。著作に「南浦文集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんぽぶんし【南浦文之】

1555~1620) 安土桃山・江戸初期の禅僧・儒学者。日向ひゆうがの人。姓は湯佐、名は玄昌。鹿児島大竜寺の開祖。島津氏に重用される。「四書集注」などに和訓を施す。著「南浦文集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南浦文之
なんぽぶんし

文之」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南浦文之
なんぽぶんし
(1555―1620)

安土桃山・江戸時代前期の臨済宗の禅僧。文之玄昌(ぶんしげんしょう)ともいう。日向国(ひゅうがのくに)飫肥南郷外浦(おびなんごうとのうら)に生まれたことから、南浦と号した。上京して東福寺竜吟庵(りゅうぎんあん)の竜喜に師事し、のちに島津氏の要請で大隈(おおすみ)地方の正興寺・安国寺に止住、大竜寺の開山となった。桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)に始まる薩南学派(さつなんがくは)とよばれる朱子学を継いで、『四書集註(ししょしっちゅう)』に玄樹が施した訓点を改訂したことで知られる。文之点とよばれるその訓点は、羅山(らざん)点・闇斎(あんさい)点と並び、のちの後藤点などとともに江戸時代を通じて用いられた。後水尾天皇(ごみずのおてんのう)に新注(朱子学による解釈)で「四書」を進講し、島津家の外交文書の起草でも活躍した。鉄砲伝来の様子を伝えた貴重な文章である「鉄炮記」を収めた『南浦文集』3巻がある。[田尻祐一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

南浦文之の関連キーワード鹿児島県姶良市加治木町反土南浦文之墓四書集注鉄砲伝来モッタ姶良市開祖