コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南浦文之 ナンポブンシ

5件 の用語解説(南浦文之の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんぽ‐ぶんし【南浦文之】

[1555~1620]江戸初期の禅僧。日向の人。名は玄昌。島津氏に仕え、薩摩の竜源寺・大竜寺などに住す。「四書集註」などに和訓(文之点)を施したことで知られる。著作に「南浦文集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南浦文之 なんぽ-ぶんし

文之玄昌(ぶんし-げんしょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なんぽぶんし【南浦文之】

1555~1620) 安土桃山・江戸初期の禅僧・儒学者。日向ひゆうがの人。姓は湯佐、名は玄昌。鹿児島大竜寺の開祖。島津氏に重用される。「四書集注」などに和訓を施す。著「南浦文集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南浦文之
なんぽぶんし

文之」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南浦文之
なんぽぶんし
(1555―1620)

安土桃山・江戸時代前期の臨済宗の禅僧。文之玄昌(ぶんしげんしょう)ともいう。日向国(ひゅうがのくに)飫肥南郷外浦(おびなんごうとのうら)に生まれたことから、南浦と号した。上京して東福寺竜吟庵(りゅうぎんあん)の竜喜に師事し、のちに島津氏の要請で大隈(おおすみ)地方の正興寺・安国寺に止住、大竜寺の開山となった。桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)に始まる薩南学派(さつなんがくは)とよばれる朱子学を継いで、『四書集註(ししょしっちゅう)』に玄樹が施した訓点を改訂したことで知られる。文之点とよばれるその訓点は、羅山(らざん)点・闇斎(あんさい)点と並び、のちの後藤点などとともに江戸時代を通じて用いられた。後水尾天皇(ごみずのおてんのう)に新注(朱子学による解釈)で「四書」を進講し、島津家の外交文書の起草でも活躍した。鉄砲伝来の様子を伝えた貴重な文章である「鉄炮記」を収めた『南浦文集』3巻がある。[田尻祐一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南浦文之の関連キーワード薄以緒宮城豊盛ムニョス弘治守礼門文之玄昌尚寧王ZB慶長遣欧使節団ウィクラム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone