コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱業財団 こうぎょうざいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱業財団
こうぎょうざいだん

鉱業抵当法 (明治 38年法律 55号) により,抵当権の設定を認められる財団鉱区を単位に採掘権を中心とし,その採掘権者に属する試掘権,土地および工作物,地上権,土地使用権,賃借権,機械,器具,車両,船舶など付属物,工業所有権の全部または一部で組成する。財団は各登記所に備えられた鉱業財団登記簿への保存登記により成立し,消滅登記または6ヵ月間財団への抵当権設定のない状態の継続により消滅する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぎょう‐ざいだん〔クワウゲフ‐〕【鉱業財団】

鉱業の採掘権者が抵当権の目的のために、鉱業権および土地・建物などの鉱業施設の全部または一部に設定した財団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鉱業財団の関連キーワード鉱業抵当法鉱業抵当

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android