コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐚銭 びたせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鐚銭
びたせん

表面の文字が摩滅したり,割れたりした銭。室町時代には,中国から入ってきた永楽銭に対して従来使用していた粗悪な銭を銭と称した。鐚銭4文が永楽銭1文に相当するものとされ,江戸時代には年貢金に永 (えい) ,鐚両単位を用いた。江戸幕府は寛永通宝をはじめ銭貨の統一に努めたため,京銭 (きんせん) をはじめ雑多な悪銭は跡を絶ち,もちろん永楽銭も通用を禁じて,永は単なる計算上の単位となったが,鐚は通用の銅銭をさした。寛永鉄銭もまた鐚銭と呼ばれた。 (→撰銭〈えりぜに〉)

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

びた‐ぜに【×鐚銭】

びたせん」に同じ。
「―壱文も残らぬ身代」〈滑・膝栗毛発端

びた‐せん【×鐚銭】

表面の文字が磨滅した、質の粗悪な銭貨。びたぜに。びた。
室町中期から江戸初期にかけて私鋳された、永楽銭以外の粗悪な銭。
江戸時代、寛永通宝一文銭の鉄銭の称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鐚銭【びたせん】

悪銭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

びたぜに【鐚銭】

びたせん【鐚銭】

価値の低い粗悪な銭。特に、室町時代に通用した、中国渡来の永楽銭以外の私鋳銭。江戸時代には、寛永通宝鋳造後の鉄銭の称。悪銭。びた。びたぜに。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐚銭
びたせん

16世紀後期より江戸時代にかけて使用された悪質の銭貨。「びたぜに」とも読み、悪銭(あくぜに)ともいう。とくに寛永通宝(かんえいつうほう)が新鋳され、浸透するまでの半世紀間余、額面どおり通用しなかった価値の低い悪銭をいう。室町より戦国期にかけて、精銭(せいせん)とされた永楽(えいらく)銭に対して、中国での私鋳銭である南京(ナンキン)銭、国内の私鋳銭、精銭が磨滅した破銭(われせん)や欠銭(かけせん)などを悪銭と称したが、これを織田信長時代より畿内(きない)で「びた」とよぶようになり、のち全国に広まった。多種かつ磨滅度の異なる銭貨が混合流通したため、鐚銭の間でも撰銭(えりぜに)がなされて混乱した。しかし、江戸幕府が1604年(慶長9)永楽銭一貫文=鐚銭4貫文とし、さらに4年後に永楽銭通用を禁止したのちは、「びた」が銭貨の代称ともなった。[岩橋 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鐚銭の言及

【悪銭】より

…あくぜに,鐚銭(びたぜに)ともいい,粗悪な銭貨のこと。皇朝十二銭の後,貨幣の国内鋳造が絶え,平安時代末から宋銭など中国銭が流入,通用し始め,室町時代に入ると大量の明銭などが流入し,経済活動の活発化にともない貨幣流通が盛んになった。…

【貨幣】より

…洪武通宝・永楽通宝・宣徳通宝などは代表的な明銭であった(宋元銭)。室町時代には中国の官鋳制銭のほかに,日本製の模造銭や私鋳銭が造られ,中国製の精銭と並んで日本製の鐚銭(びたせん)が使用された。そのため撰銭(えりぜに)の現象がみられるようになり,標準的な中国銭に対して日本製の銭貨は資質の悪い減価された悪銭として区別された。…

【銭】より

…中国渡来銭の流通が軌道に乗るようになると,室町時代には中国銭を形態のうえから阿堵(あと),鳥目(ちようもく),鵝眼(ががん)などと呼び,また使用の面から御脚,用途,料足などととなえるようになった。中国銭の国内通用が盛んになると,中国官鋳制銭をモデルにして造られた私鋳銭や模造銭が現れ,官銭は一般に良銭,精銭と呼ばれ,私鋳銭,模造銭は悪銭または鐚銭(びたせん)ととなえられた。精銭と悪銭とが並んで用いられたので室町時代には撰銭(えりぜに)の現象が生じ,悪銭はその使用に際して割り引かれたり,排除される傾向が生じた。…

【銭座】より

…江戸時代の銭貨鋳造所。江戸幕府は1636年(寛永13),それまで幕府鋳造の金銀貨と並んで流通させていた鐚銭(びたせん)に代えて,新規の銭を鋳造させることとなり,老中土井利勝を総督に,江戸の芝網縄手ならびに近江坂本に銭座を設けて,新銭を鋳造した。これが寛永通宝であり,最初の銭座であった。…

※「鐚銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鐚銭の関連キーワード貨幣改鋳慶長通宝木賃宿私鋳銭鐚一文銭相場岩橋身代永高銭箱銭座

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android