コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉偉業 ごいぎょう Wu Wei-ye

5件 の用語解説(呉偉業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉偉業
ごいぎょう
Wu Wei-ye

[生]万暦37(1609)
[没]康煕10(1671)
中国,明末清初の文人,画家。太倉 (江蘇省) の人。字,駿公。号,梅村。崇禎4 (1631) 年進士に及第。南京国子監司業のとき明の滅亡にあい,故郷に引退。順治 10 (53) 年,清朝のたっての招請でやむなく出仕し,秘書院侍講から国子監祭酒になったが,同 13年母の喪のために家に帰り,そのまま故郷近くの梅村にとどまって清朝に仕えたことを悔みつつ世を終った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐いぎょう〔‐ヰゲフ〕【呉偉業】

[1609~1671]中国、明末・清初の詩人。字(あざな)は駿公。号、梅村。明・清朝に仕え、清の国子監祭酒。清朝の代表的詩人で、長編の古詩にすぐれた。また、画家としても有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごいぎょう【呉偉業 Wú Wěi yè】

1609‐71
中国,清初の詩人。字は駿公,梅村と号し,江蘇太倉の人。崇禎4年(1631)の進士第二。翰林院編修を授けられたが,明が滅んだとき,殉死しようとして果たさず,のち強いられて清朝に仕え,国子祭酒となった。彼はこうして両朝の臣,すなわち弐臣(じしん)となったことを生涯後悔しつづけ,〈我もと淮王の旧雞犬,仙に従って去らず人間(じんかん)に落つ〉と歌い,死に当たって墓誌銘を人に依頼することを許さず,墓にはただ〈詩人呉梅村〉とのみ記すよう命じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごいぎょう【呉偉業】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉偉業
ごいぎょう
(1609―1671)

中国、明(みん)末清(しん)初の詩人。字(あざな)は駿公、号は梅村。江蘇(こうそ)省太倉の出身。1631年(崇禎4)の進士。在野の朱子学系の学術・政治結社である復社に加入し、正義派として政界で活躍、官は翰林院(かんりんいん)編修、東宮侍読(じどく)より南京(ナンキン)国子監司業に至った。明滅亡後、さらに福王に仕えたが故郷に引退した。しかし両江総督馬国柱の推挙を拒みきれず清朝に仕え、国子監祭酒となり、2年たらずで母の喪のために辞職した。清朝への仕官を悔いて「述懐詩」をつくり、遺言して「詩人呉梅村之墓」とだけ書かせたといわれる。その詩は、初唐の華麗な作風に学んで才気にあふれ、亡国の悲劇を経験してからは悲壮美を加えるようになった。動乱を詠んだ哀切なる史詩が多い。銭謙益(せんけんえき)鼎孳(きょうていじ)とともに江左の三大家の一人。『梅村家蔵稿』60巻のほか、『綏寇紀略(すいこうきりゃく)』などの明末の記録もある。[佐藤一郎]
『福本雅一注『中国詩人選集2集12 呉偉業』(1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉偉業の関連キーワード岡汝粛唐熊高啓周亮工梅清鮑照李漁呉梅村杜詩帰荘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone