コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長絹 ちょうけん

5件 の用語解説(長絹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長絹
ちょうけん

長絹の直垂 (ひたたれ) の略称。初めは織物名であったものが,室町時代になって,武家の元服以前の童子の礼服の名となった。色は白。形態は初めは水干 (すいかん) に近く,のちに直垂の形をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐けん〔チヤウ‐〕【長絹】

長尺に織り出した絹布。固く張りがある上質のもの。
1で仕立てた水干・直垂(ひたたれ)・狩衣(かりぎぬ)など。総(ふさ)の菊綴(きくとじ)を縫い目につける。のちには生絹(すずし)・紗(しゃ)などでも作られ、公家・武家の元服前の童児が用いた。
能装束の一。広袖の直垂形式の上着で、絽(ろ)の生地に金糸や色糸で模様を織り出す。舞を舞う女役が用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけん【長絹】

固く織って張りのある,またはのりで固く張った上質の絹のこと。転じて,それを生地として仕立て水干(すいかん),狩衣(かりぎぬ)または直垂(ひたたれ)のことをいう。鎌倉時代から武家の衣服として用いられた。長絹の水干は袴と上下対にしたもので,地質を白絹とし,黒の菊綴(きくとじ)をつけ,襟を垂領(たりくび)式に折りたたんで合わせた。若年が元服などに用いた礼服。能装束では,白ばかりではなく紫,紅,萌葱(もえぎ)などの絽(ろ)地に文様を織り出した単(ひとえ)の直垂形式の上着をいい,男役は狩衣の代用,女役は舞を舞うとき用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうけん【長絹】

のりで張った仕上げの絹布。
で作った狩衣。のちには白の紗・生絹などでも作り、直垂ひたたれ仕立てもできた。もと下級官吏が着たが、近世には公家・武家の元服前の男子が用いた。
能装束の一。直垂に似た型の単衣ひとえで、白・水色などの地に金糸で模様をおく。公達や女舞の衣装。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長絹
ちょうけん

絹織物の一種。緻密(ちみつ)に固く織って張りをもたせ、あるいは糊(のり)で固く張った上質の絹。転じてこの絹を生地(きじ)として仕立てた狩衣(かりぎぬ)、水干、直垂(ひたたれ)などのこと。武家の若年者が元服などの儀礼に用いた長絹の水干は、張りのある白絹製の水干と袴(はかま)を上下対(つい)にして、黒い菊綴(きくとじ)といわれる総(ふさ)を水干の胸、袖(そで)付け、奥袖、端袖の縫い目に各2個、袴の股立(ももだち)と膝(ひざ)の上のところに各2個つけて、襟を垂領(たりくび)式に折り畳んで着た。能装束では、白に限らず、紫、紅(くれない)、萌黄(もえぎ)などの絽(ろ)地に、金糸や色糸で文様を織り出した直垂形式の上着で、男役は狩衣の代用、女役は舞を舞うときに用いる。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長絹の言及

【能】より

…たとえば公家の使用する狩衣(かりぎぬ)は,身ごろも袖も1幅半であるが,能装束では完全に2幅となっている。また長絹(ちようけん)は公家用の直垂(ひたたれ)から出たものであろうが,能ではさまざまな使用法をくふうしている。まず現在体の男体の役が上から腰帯を締めて着用するときは,公家や武将の日常服を意味する。…

※「長絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長絹の関連キーワードクリノリン業突く張り・強突く張り誓う張袴浮張固くなる業突く張り白張り巻染

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone