コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀江錦 しょっこうにしきShu-jiang jin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜀江錦
しょっこうにしき
Shu-jiang jin

織物の一種。中国四川省の地方でつくられた赤地錦総称飛鳥時代から日本でもこれをまねて製作し,法隆寺最古の作品がある。後世蜀江型として文様形式だけが伝承され,京都西陣などでも織り出された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蜀江錦【しょっこうきん】

中国,四川(しせん)地方((しょく))の錦,すなわち蜀錦(しょっきん)のことで,日本に伝えられて蜀江錦と呼ばれるようになった。〈しょっこうのにしき〉ともいう。
→関連項目成都

蜀江錦【しょっこうのにしき】

蜀江錦(しょっこうきん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょっこうきん【蜀江錦】

中国の蜀(四川)より産する多彩な錦織物,すなわち蜀錦(しよつきん)をいう。蜀江(紅)錦とは日本での名称で,〈しょっこうのにしき〉ともいう。四川地方における絹織物の歴史がきわめて古いことは,多くの文献資料とともに1975年成都出土の西周時代の銅矛の柄に認められる〈蚕〉の形象や,65年同じく成都出土の戦国時代銅壺に鋳出されている〈採桑図〉などによっても知られる。こうした伝統に支えられ,漢代には蜀の成都の南を流れる流江で洗った染色は特に鮮麗で美しいとして,以来その都を錦城,その川を錦江と呼ぶようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜀江錦
しょっこうきん

本来は中国の蜀(しょく)の国(四川(しせん)省)で製作された錦(にしき)の意。蜀の成都の東南角は古代から錦の産地として名高く、その主都を錦城(きんじょう)、その地方を流れる川を錦江と称した。またその川の水が染色に適し、鮮明な色彩を染め出したことから、とくに蜀江錦の名が出たといわれる。唐代にはこの地方は紅花(べにばな)の産地としても名高く、当時の蜀江錦として知られるものには紅地の錦が多い。その一例に、トゥルファン・アスターナ出土の紅地連珠団花文錦や、わが国法隆寺伝世の紅地に格子蓮華(れんげ)文、花亀甲(きっこう)文、あるいは連珠円内に獅子(しし)と鳳凰(ほうおう)をそれぞれに配したものなどがある。とくにわが国伝世の蜀江錦は、経糸(たていと)で地も文様も織り出した古様な経錦(たてにしき)の織法によるもので、いくぶん堅い文様構成や、限られた色使いに独得の趣(おもむき)がある。
 一方、明(みん)代に織製された蜀江錦は、唐代のそれとまったく趣を異にし、暗緑色を主調とした深い色合いと、大型の幾何学的構成を主体として、その間に大小の(かもん)を配した構築的な文様の雄渾(ゆうこん)さに独得の風格がある。これらのうちのあるものは名物裂(めいぶつぎれ)の一つとして伝えられ、珍重されている。とくに前田家伝来の蜀江錦のなかには、「絲染局繍造局(しせんきょくしゅうぞうきょく)」の墨書銘をもつものがあり、織り幅が204センチメートルほどもあるみごとなものである。[小笠原小枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蜀江錦の言及

【錦】より

…その後,経錦の伝統は隋から初唐まで続いたようであるが,唐以降は,新しく興った緯錦の技法が盛んとなり,経錦の技術は衰退した。日本にはちょうどその転換期にあたる時期の錦が舶載されており,法隆寺伝世の〈蜀江錦(しよつこうきん)〉(中国四川省産の錦〈蜀錦〉を舶載したとされる赤地錦)のような古様な経錦と正倉院伝世の華麗な唐花文の緯錦に,二つの異なる特色が顕著にあらわれている。 日本においても奈良時代以降に織製された錦は,すべて緯糸によって文様を織りだす緯錦の系統のものになっている。…

※「蜀江錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜀江錦の関連キーワード植松包美法隆寺裂正倉院裂鎧直垂南充

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜀江錦の関連情報