コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長門美保 ながと みほ

2件 の用語解説(長門美保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長門美保 ながと-みほ

1911-1994 昭和-平成時代のソプラノ歌手。
明治44年6月23日生まれ。昭和9年日本音楽コンクールで1位。20年長門美保歌劇団を結成し,「ミカド」「魔弾の射手」などを日本で初演。東欧のオペラを日本に紹介した功績でスメタナ賞,ポーランド芸術最高金賞。平成6年11月11日死去。83歳。福岡県出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。本名は鈴木美保。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長門美保
ながとみほ
(1911―1994)

ソプラノ歌手。福岡生まれ。幼時をドイツで過ごす。東京音楽学校在学中にマーラーの交響曲第二番のソリストとなる。1933年(昭和8)同校卒業後、第3回日本音楽コンクールで第一位となり、ドラマチックソプラノとして藤原歌劇団の『ローエングリン』『フィデリオ』などにフリーで主演。第二次世界大戦後、夫の鈴木雄詞と長門美保歌劇団を結成、46年11月『蝶々(ちょうちょう)夫人』で旗あげ公演を行った。訳詩・演出も手がけ、東欧圏のオペラや、『ミカド』をはじめとする大衆に親しみやすいオペレッタの紹介、後進の育成にも努めている。[寺崎裕則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長門美保の関連キーワード東敦子乾孝今井久仁恵久保昌二鮫島有美子只野幸雄中沢桂樋本栄松下忠森亮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone