門前の小僧習わぬ経を読む(読み)モンゼンノコゾウナラワヌキョウヲヨム

  • の 小僧(こぞう)習(なら)わぬ経(きょう)を読(よ)む
  • もんぜん
  • 門前
  • 門前(もんぜん)の小僧(こぞう)習(なら)わぬ経(きょう)を読(よ)む

デジタル大辞泉の解説

ふだん見聞きしていると、いつのまにかそれを学び知ってしまう。環境が人に与える影響の大きいことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

平生見聞きして慣れていれば、知らず知らずその物事に習熟することのたとえ。環境の与える影響力の大きさをいうたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

常に見たり聞いたりしていれば、知らず知らずのうちにそれを学び知るようになる。環境がその人に与える影響の大きいことのたとえ。勧学院の雀は蒙求を囀る。門前の小僧。
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉中「門前の小僧は習はぬ経を誦む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門前の小僧習わぬ経を読むの関連情報