コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元志寿太夫 きよもとしずたゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元志寿太夫
きよもとしずたゆう

[生]1898.4.25. 神奈川,横浜
[没]1999.1.2. 東京,目黒
清元節浄瑠璃方(太夫)。本名柿沢竹蔵。1913年清元延小家寿に学び,1923年梅吉派の2世清元喜久太夫に入門し,清元松喜太夫を名のって初舞台を踏む。1924年 5世清元延寿太夫の直門となり,清元志寿太夫と改名。同 1924年早くも延寿太夫の脇語りを務めた。1926年には立浄瑠璃となった。高輪派を代表する浄瑠璃方として,歌舞伎や舞踊公演など舞台を中心に,高齢にいたるまで張りのある美声と独自の巧みな語り口で精力的に活躍した。1956年重要無形文化財保持者人間国宝)に認定され,1978年日本芸術院会員。1982年文化功労者。演奏を収録したものに『清元志寿太夫全集 清元五十番』(1970)があり,芸談に『清元ひとすじ』(1981)がある。妻は清元延香。息子は清元栄三郎(1996人間国宝に認定),清元小志寿太夫,清元志佐雄太夫,清元志寿朗。孫は清元志寿子太夫,清元志寿雄太夫。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元志寿太夫 きよもと-しずたゆう

1898-1999 大正-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
明治31年4月25日生まれ。清元節。大正7年5代清元延寿太夫に入門,13年清元志寿太夫を名のる。昭和18年師の没後は高輪派をひきいる。天性の美声と小節(こぶし)のうまさは抜群といわれた。31年人間国宝,53年芸術院会員,57年文化功労者。平成11年1月2日死去。100歳。神奈川県出身。本名は柿沢竹蔵。前名は清元松喜太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清元志寿太夫
きよもとしずたゆう
(1898―1999)

清元節の太夫。本名柿沢竹蔵。横浜生まれ。1913年(大正2)延小家寿に手ほどきを受け、23年喜久太夫に師事して、松喜太夫を名のる。24年5世延寿太夫(えんじゅだゆう)の門に転じて志寿太夫の名を許された。天性の美声は不断の修練によってさらに磨きがかけられ、華麗な語り口は5世の没後高輪(たかなわ)派の劇場演奏者の重鎮とうたわれた。舞台を中心に活躍し、56年(昭和31)重要無形文化財保持者に認定され、78年には芸術院会員に、82年には文化功労者に選ばれた。長男・寿男(としお)(1927―2002)は清元節三味線奏者として活躍、1944年(昭和19)清元榮三郎(えいざぶろう)を名乗り、96年(平成8)重要無形文化財保持者に認定された。[林喜代弘]
『清元志寿太夫著『清元ひとすじ』(1981・演劇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

清元志寿太夫の関連キーワード社会小説火成角礫岩LO写生文タイム東亜同文会博文館憲政党加納夏雄新渡戸稲造

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone