コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元志寿太夫 きよもとしずたゆう

3件 の用語解説(清元志寿太夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清元志寿太夫
きよもとしずたゆう

[生]1898.4.25. 神奈川,横浜
[没]1999.1.2. 東京,目黒
清元節浄瑠璃方(太夫)。本名柿沢竹蔵。1913年清元延小家寿に学び,1923年梅吉派の2世清元喜久太夫に入門し,清元松喜太夫を名のって初舞台を踏む。1924年 5世清元延寿太夫の直門となり,清元志寿太夫と改名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元志寿太夫 きよもと-しずたゆう

1898-1999 大正-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
明治31年4月25日生まれ。清元節。大正7年5代清元延寿太夫に入門,13年清元志寿太夫を名のる。昭和18年師の没後は高輪派をひきいる。天性の美声と小節(こぶし)のうまさは抜群といわれた。31年人間国宝,53年芸術院会員,57年文化功労者。平成11年1月2日死去。100歳。神奈川県出身。本名は柿沢竹蔵。前名は清元松喜太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清元志寿太夫
きよもとしずたゆう
(1898―1999)

清元節の太夫。本名柿沢竹蔵。横浜生まれ。1913年(大正2)延小家寿に手ほどきを受け、23年喜久太夫に師事して、松喜太夫を名のる。24年5世延寿太夫(えんじゅだゆう)の門に転じて志寿太夫の名を許された。天性の美声は不断の修練によってさらに磨きがかけられ、華麗な語り口は5世の没後高輪(たかなわ)派の劇場演奏者の重鎮とうたわれた。舞台を中心に活躍し、56年(昭和31)重要無形文化財保持者に認定され、78年には芸術院会員に、82年には文化功労者に選ばれた。長男・寿男(としお)(1927―2002)は清元節三味線奏者として活躍、1944年(昭和19)清元榮三郎(えいざぶろう)を名乗り、96年(平成8)重要無形文化財保持者に認定された。[林喜代弘]
『清元志寿太夫著『清元ひとすじ』(1981・演劇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元志寿太夫の関連キーワード素浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃石田瑞麿岡本文弥(2)鶴賀鶴吉(5代)常磐津菊三八常磐津文字太夫(8代)宮薗千波宮薗千碌(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone