コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防災の日 ボウサイノヒ

4件 の用語解説(防災の日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうさい‐の‐ひ〔バウサイ‐〕【防災の日】

台風・高潮・地震などの災害に対する認識を深め、平時の備えについて確認する日。9月1日。大正12年(1923)同日に関東大震災が起きたこと、また、暦の上で台風の多い二百十日に当たることから、昭和35年(1960)に制定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防災の日

1923(大正12)年9月1日に起きた関東大震災にちなみ、伊勢湾台風で甚大な被害が出た翌年の60年に国が制定した。前後にあたる8月30日~9月5日は防災週間と位置づけられ、国や各自治体防災訓練や啓発行事を続けている。

(2013-08-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

防災の日

9月1日。災害を防ぐための知識や心構えの理解を深め、平時からの備えを強化する。日付は1923年9月1日に発生した関東大震災に由来する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防災の日
ぼうさいのひ

9月1日。1923年(大正12)9月1日十数万人の死傷者を出した関東大震災と、台風が襲ってくると昔から言い伝えられている二百十日にちなんで、1960年(昭和35)に設定された。この日は、地方自治体を中心に大地震を想定した大掛りな訓練を行い、防災に対する人々の意識高揚を図っている。[上野文枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防災の日の関連キーワード帰宅難民二次災害被災者防災頭巾無防備罹災激甚災害法防災教育防災用品災害損失

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防災の日の関連情報