防災の日(読み)ボウサイノヒ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防災の日

1923(大正12)年9月1日に起きた関東大震災にちなみ、伊勢湾台風で甚大な被害が出た翌年の60年にが制定した。前後にあたる8月30日~9月5日は防災週間と位置づけられ、国や各自治体が防災訓練や啓発行事を続けている。

(2013-08-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

防災の日

9月1日。1960年に国が定めた啓発デー。台風、地震等の災害に関する国民知識を深め、災害に対処する心構えを準備することを目的とするさまざまなイベントが催される。日付は1923年9月1日に発生した関東大震災に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防災の日
ぼうさいのひ

9月1日。1923年(大正12)9月1日十数万人の死傷者を出した関東大震災と、台風が襲ってくると昔から言い伝えられている二百十日にちなんで、1960年(昭和35)に設定された。この日は、地方自治体を中心に大地震を想定した大掛りな訓練を行い、防災に対する人々の意識高揚を図っている。[上野文枝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防災の日の関連情報