コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院宮分国 いんぐうぶんこく

世界大百科事典 第2版の解説

いんぐうぶんこく【院宮分国】

院分,皇后宮分などと指定された令制の国。908年(延喜8)宇多上皇の分国に充てられた信濃国を初見とし,ついで冷泉,円融,三条,後三条各上皇の分国が見えるが,院政期以降飛躍的に増大した。女院(によいん)の場合は,最初の女院,東三条院以下,上東門院陽明門院など国母(天皇の生母)たる女院に分国が充てられたが,さらに白河上皇寵愛の皇女郁芳門院がこの恩典に浴してから女院一般に広まった。皇后宮の例は,近衛天皇の母后藤原得子の分国越前を初見とするが,以後鎌倉時代にかけて,中宮,東宮,斎宮,斎院などの分国が出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院宮分国
いんぐうぶんこく

院宮の収入を目的として設定された国。院宮とは、院(上皇・法皇)・女院(にょいん)、皇后宮(こうごうぐう)・中宮(ちゅうぐう)・斎院(さいいん)などの総称。その国守は院宮の推挙により任命されるが、その手続の際に「院分」「中宮分」などと注記されるところから、この呼称が生じた。908年(延喜8)に宇多(うだ)法皇の「御給(ごきゅう)」(分国)とされた信濃(しなの)国が初見であるが、初の女院である東三条院(ひがしさんじょういん)(藤原詮子)以下歴代の女院の場合も分国が宛行われ、12世紀以降には皇后宮・中宮・斎宮などの分国も設定されるようになり、その国数も増加した。ただし、この制度による分国主の収益については、公的な規定がみられず、また公卿(くぎょう)の知行国(ちぎょうこく)でありながら、同時に院宮分国とされている事例も多く、その実態は明確ではない。鎌倉中期以降は、特定の分国が天皇・上皇間において伝領の対象となり、処分状に「国衙領(こくがりょう)」と記されて所領化するようにもなるが、室町時代には、この制度は消滅した。[槇 道雄]
『時野谷滋著『律令封禄制度史の研究』(1977・吉川弘文館) ▽『村田正志著作集 第5巻 国史学論説』(1985・思文閣出版) ▽橋本義彦著『平安貴族』(1986・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の院宮分国の言及

【皇室領】より

…鳥羽上皇の皇女八条院が安楽寿院領その他を伝領し,後白河上皇の皇女宣陽門院が長講堂領を伝領したのはその顕著な例で,さらに持明院・大覚寺両皇統の分立後は,それらの伝領をめぐって両者の対立が深まった。一方,院政時代以降院宮分国も急速に増大し,鎌倉時代に入ると天皇・上皇をはじめ皇后・女院等にも分国があてられるのが常態となり,さらに播磨国が持明院統に,讃岐国が大覚寺統に相伝されたごとく,分国が伝領の対象となって,その国衙領の荘園化をいちだんと進めた。しかし南北朝時代以降の政治・経済体制の大きな転換のなかで,皇室領荘園も院宮分国もしだいに消滅していった。…

※「院宮分国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone