陣座(読み)じんのざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「陣座」の解説

陣座
じんのざ

平安時代中頃から,内裏の左右近衛陣にあり,公卿政務を評議するために着席した場所。本来は近衛詰所であったが,のちに公卿が会議などを行う場所となった。この会議を陣定 (じんのさだめ) とか仗議 (じょうぎ) とかいい,公卿は任官ののち必ず陣座に着くことになっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「陣座」の解説

じん‐ざ ヂン‥【陣座】

※九条年中行事(960頃か)四月「廿日以前奏銓擬郡領之儀〈謂之郡司読奏〉先外記申一上。定日之後仰所司。当日先於陣座、令蔵人奏読奏候之由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「陣座」の解説

じんのざ【陣座】

左近衛または右近衛の陣に設けられた公卿の座。仗座(は武器の)ともいった。近衛陣は内裏の警衛に当たる近衛の詰所で,左近衛陣は日華門内の宜陽殿西廂にあったが,のちに紫宸殿の東北廊南面(現在の京都御所の陣座の位置)に移った。右近衛陣は月華門内の校書殿東廂にあった。《吏部王記》の934年(承平4)の記事によれば,陣座は,天皇の御座所が清涼殿や飛香舎にあったときは右近衛陣に,弘徽殿にあったときは左近衛陣に設けられたが,近年は御座所との遠近にかかわりなく,左近衛陣に設けることが多くなったといい,その後の実例でも,公卿の本座のある宜陽殿に近い左近衛陣に設けられた例が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の陣座の言及

【紫宸殿】より

…紫宸殿の北の宜陽殿とは二つの渡廊で接しているが,その南側は吹抜けで軒廊(こんろう)と呼ばれ,御占が行われる場所である(軒廊御卜)。また小庭をはさんだ北側は,中央を壁で仕切り,北側は東北廊,南側が陣座(じんのざ)である。陣座は左近陣座の略称で,仗座(じようざ)ともいい,天皇警固の陣がしかれ,後代には大臣以下高官が列座して,改元や親王宣下等の重要事項の議定の場所となった。…

※「陣座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android