コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣定 じんのさだめ

2件 の用語解説(陣定の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんのさだめ【陣定】

左近衛または右近衛の陣座(じんのざ)における公卿の議定。陣議,仗議ともいった。平安時代に入って,内裏の天皇の御座所に公卿が会して行う御前定,清涼殿の殿上間における殿上定など,公卿の議定が盛んになったが,とくに平安中期以降,陣定は恒常的な公卿の議定として定着し,《御堂関白記》によると,平均して月に2,3回行われている。まず議事を主宰する上卿(しようけい)が,公卿に陣定の開催を予告し,当日は諸司・諸国の上申書や弁官・外記の提出した先例・勘文などによって末席の者から意見を述べ(古例は上席者から発言したのを後に改めたという),執筆の参議が各人の意見をとりまとめ,異論は併記して,定文を作成し,蔵人を経て奏聞し,裁可を請う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陣定
じんのさだめ

古代・中世における公卿(くぎょう)の合議制度。仗議(じょうのぎ)ともいう。律令太政官(りつりょうだいじょうかん)政治の簡略化に伴い、左右近衛(このえ)の陣座(じんのざ)(仗座(じょうざ)ともいう)において公卿の評議を行うことが通例となり、この称がおこった。その議題は、即位、大嘗会(だいじょうえ)、大葬、固関(こげん)、改元、諸社奉幣その他の臨時・恒例の朝儀、神仏事、年中行事、叙位、除目(じもく)、諸国申請雑事(しんせいぞうじ)、不堪佃田(ふかんでんでん)などの処置、さらに異民族来寇(らいこう)の撃退、反乱追討、訴訟裁決など、万般にわたった。その多くは朝儀・典礼にかかわることであったが、院政期にはとくに訴訟裁決機能が重大化し、中世訴訟制の基礎が形成された点が注目される。陣定における評議は、上卿(しょうけい)の主宰下に、その場の下位者から順に発言する制で、評議の結論は定文(さだめぶみ)に記され、決定は形式上、太政官符、宣旨、官宣旨などで通達された。なお陣定とは別に、天皇主宰の御前(ごぜん)定・昼御座(ひのおまし)定、摂政(せっしょう)・関白(かんぱく)主宰の殿下直廬(でんかじきろ)定、院主宰の院御前定・院殿上(てんじょう)定などが事柄に応じて開催されたが、後白河(ごしらかわ)院政期以降は院御前定、院殿上定などが通例化し、陣定の独自性は徐々に失われていった。[棚橋光男]
『棚橋光男著『中世成立期の法と国家』(1983・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone