コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除細動器 じょさいどうきdifibrillator

世界大百科事典 第2版の解説

じょさいどうき【除細動器 difibrillator】

不整脈の治療に使われる器械で,主として心房細動(心房の収縮がなくなり細かい波状に動く状態),心室細動(心室の収縮がなくなり細かい波状に動く状態)を正常調律に戻すときに用いられる。心房細動や心室細動は心房筋,心室筋の各部分が電気的にばらばらに活動しているため起こるもので,除細動器は,心臓に直流の高圧電流を流して心臓全体を同時に収縮させた状態におき,全体の足並みを整える。放電する本体と電流を生体に流す電極paddleとからなり,必要な電気エネルギーをワット・セカンドWatt secondで表す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょさいどうき【除細動器】

体表あるいは心臓に強い電流を瞬間的に流して不整脈(心房細動や心室細動)を除去し、規則正しいリズムに戻すための装置。 → AED ( ABC 略語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

除細動器
じょさいどうき
defibrillator

不整脈,特に心室細動心房細動・粗動などを起こしている心臓に瞬間的に強力な電気を直接通じさせ(→カウンターショック),心筋の電気的位相をそろえて細動を除去するための装置の総称。おもに体内に埋め込んで用いる植込型除細動器 IDC; implantable cardioverter defibrillatorと,胸壁の上に電極をあてる自動体外式除細動器 AED; automated external defibrillatorが知られる。IDCは心拍数を常に監視しながら自動的に治療を行なう除細動器で,ペースメーカーの機能を備えたものも多く,重篤な心室性頻脈や心室細動のある人が用いる。AEDは救急時に用いる蘇生用医療装置(→救急蘇生法)で,日本では使用が医療従事者のみにかぎられていたが,心停止から 5分以内に蘇生措置が行なわれることが重要であることから,2004年7月以降に一般人も使用可能になり,駅などの公共施設や人が多く集まる場所への設置が進められた。AEDは音声指示どおりに操作すれば,初めての人でも簡単に使用できる仕組みになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

除細動器
じょさいどうき
defibrillator

心房または心室が不規則に繰り返し興奮する病態である細動を取り除く(除細動)ための装置の総称。直流通電による電撃を短時間行って心筋を興奮させ、正常な機能を回復させる電気的除細動がよく用いられ、心腔(しんくう)内通電方式の植え込み(埋め込み)型除細動器(ICD:implantable cardioverter defibrillator)と、体外通電方式の体外除細動器がある。
 植え込み型除細動器は細動を自動的に検出すると同時に直流通電を行うもので、心臓ペースメーカーの機能を備えたものもある。体外式ではAED(自動体外式除細動器)が普及している。AEDは心臓のリズムを自動的に解析し、音声ガイドに従って電撃を与えるなどの操作が可能であるため、緊急時には医師や救急救命士だけではなく一般人が対象者に使用することもできる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

除細動器の関連キーワードコンスタンティン アグラジェ特定保守管理医療機器植え込み型除細動器特発性拡張型心筋症植込み型除細動器日本ライフライン心臓再同期療法ブルガダ症候群ライフセーバー頻脈性不整脈致死性不整脈特発性心筋症しゅくはじめ市民救命士救急救命士非薬物療法心肺蘇生法PICU心臓震盪日本光電

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除細動器の関連情報