コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳雲 ちんうん Chen Yun

3件 の用語解説(陳雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳雲
ちんうん
Chen Yun

[生]光緒31(1905).上海,青浦
[没]1995.4.10. 北京
中国の政治家。上海商務印書館植字工から労働運動指導者となり,1925年中国共産党に入党。 30年党中央委員候補。 39年党中央農民部長。 45年党中央委員,書記に選出された。 48年中華全国総工会主席,49年国務院副総理,財政経済委員会主任,重工業部長に就任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陳雲【ちんうん】

中国の政治家。江蘇省の人。植字工から1925年中国共産党に入党。満州事変のころ上海労働運動・抗日運動を指導。戦後,東北地区財政経済委員会主任を経て,解放後は国務院副総理ほかの要職を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳雲
ちんうん / チェンユン
(1904/1905―1995)

中国の政治家。江蘇(こうそ)省青浦県(現在は上海(シャンハイ)市に含まれる)生まれ。上海商務印書館見習工から1925年中国共産党に入り五・三〇運動で活躍。1928~1942年党組織部長。1930年党中央委員候補。1931年政治局常務委員兼全国総工会党フラク書記(1935年の遵義(じゅんぎ)会議にもこの肩書で出席)。1933年江西(こうせい)ソビエト区に入る。1934年長征に参加。1935年延安(えんあん)を経て訪ソ、1937年延安に戻る。1945年中央委員、政治局員。党北満分局書記。1948年全国総工会主席。1949年新政府の副首相、財政経済委員会主任、重工業相。1952年訪ソ、スターリンと会見。1956年党副主席、党内序列5位。1958年商業相、基本建設委員会主任。毛沢東(もうたくとう)の「大躍進」政策に反対し、1966年「文化大革命」時に批判され、党副主席を解任、1971年政治局員解任、1975年副首相解任。しかし、1977年中央委員、1978年党副主席に復活。規律検査委員会第一書記を兼任して党員再点検を指導。1979年副首相、国務院財政経済委主任となり経済の調整再建を行う。1982年政治局常務委員、兼規律検査委第一書記。党中央顧問委員会主任を務め、保守派の長老として君臨した。[高市恵之助・渋谷 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳雲の関連キーワード西島青浦王冶梅張熊任伯年唐熊胡漢民復旦大学大観園《光緒会典》光緒元宝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陳雲の関連情報