陸別[町](読み)りくべつ

世界大百科事典 第2版の解説

りくべつ【陸別[町]】

北海道中南部,十勝支庁足寄(あしよろ)郡の町。人口3429(1995)。地名はアイヌ語の〈リクンペツ(高い危ない川)〉に由来する。十勝川の支流利別(としべつ)川の上流に位置し,町域の大半は原生林におおわれた傾斜地である。冬季の気温が道内で最も低い地域の一つで,寒暖の差が70℃に達する。中心集落は利別川と陸別川,斗満(とまむ)川の合流点付近にあり,北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線,国道242号線が通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android