陽電子放射断層撮影法(読み)ようでんしほうしゃだんそうさつえいほう(英語表記)positron emission tomography; PET

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陽電子放射断層撮影法
ようでんしほうしゃだんそうさつえいほう
positron emission tomography; PET

ポジトロン (→陽電子 ) 放出断層撮影法あるいはポジトロン CTともいう。核医学診断装置による撮影法の一つ。局所血流量,局所血液量,局所酸素消費量,ブドウ糖利用率などを知ることができるため,脳血管障害や虚血性心疾患などの診断に用いられる。方法としては,ポジトロンを放出する物質を目標の臓器に入れ,放射されるγ (ガンマ) 線を検出してコンピュータ処理し,画像を得る。従来のX線 CTと陽電子負荷の電子工学を組合せた,新しい断層撮影法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android