コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横槍 ヨコヤリ

デジタル大辞泉の解説

よこ‐やり【横×槍】

2が原義》
第三者がわきから口を出して文句をつけること。容喙(ようかい)。「親族から横槍が入る」「他人が横槍を入れる」
両軍が合戦中に、別の一隊が側面から槍で突きかかること。
「東より東条近江守二千余人―に懸かりけるが」〈応仁記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よこやり【横槍】

が原義〕
談話や交渉の途中で、横から口を出して妨げること。
両軍の合戦中に別の一隊が横合いから槍で攻めること。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

横槍の関連キーワード入れる・容れる・淹れるクズの本懐槍・鑓・鎗加久藤城横レス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横槍の関連情報