雌伏(読み)シフク

デジタル大辞泉の解説

し‐ふく【雌伏】

[名](スル)《雌鳥が雄鳥に従う意から》人に屈伏して従うこと。また、実力を養いながら活躍の機会をじっと待つこと。「雌伏して時の至るを待つ」「雌伏八年」⇔雄飛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しふく【雌伏】

( 名 ) スル
力を養いながら、自分の活躍する機会をじっと待つこと。 ⇔ 雄飛 「 -して時を待つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ふく【雌伏】

〘名〙 (雌鳥雄鳥に服従する意) 人に屈服すること。また、服従しながら、活躍できる機会の来るのをじっと待つこと。現在では、今の状況に身を置きながら、活躍の機会を待つことにいう。⇔雄飛(ゆうひ)
※明衡往来(11C中か)中本「而近代各称其雄飛之詞、已無其雌伏之体
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「して地の上をはいまはることはいやとて棄官去也」 〔後漢書‐趙典〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雌伏の関連情報