雌雄モザイク(読み)しゆうモザイク

百科事典マイペディアの解説

雌雄モザイク【しゆうモザイク】

性的モザイクとも。動物で一つの個体の中に,遺伝子をもつ部分(細胞・組織・器官)との遺伝子をもつ部分が混在すること。昆虫類甲殻類,クモ,ウニ,脊椎動物ではキジ類などで見られ,体の半分が雄で,半分が雌といった表れ方をする。発生の途中で,染色体分配が不均等な核分裂,あるいは体細胞突然変異などが起こると生じると考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゆう‐モザイク【雌雄モザイク】

〘名〙 (モザイクはmosaic) 同一の動物個体に雌の形質をもつ部分と雄の形質をもつ部分とが境界をもって混在するもの。ミツバチ、カイコ、ショウジョウバエなどの多くの昆虫や、ウソ、キジなどの鳥にみられる。性的モザイク。雌雄篏合体(かんごうたい)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雌雄モザイク
しゆうモザイク
gynandromorphism

雌雄異体動物において雌性部分と雄性部分をあわせもつ個体およびその現象をいう。昆虫類,鳥類などに広くみられ,体の左右あるいは一部分が雌雄型に分れる。卵割中にの染色体分配が異常になったり,性染色体欠失が起ったときなどに生じると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゆうモザイク【雌雄モザイク gynandromorph】

性的モザイクともいう。動物で一つの個体の中に,雄の遺伝子構成をもった部分と,雌の遺伝子構成をもった部分とがモザイクとなって混在すること。よく似た現象に,間性および雌雄同体があるが,この二つは1個体内に遺伝子構成の異なる部分が混在することに起因するものではない点で区別される。無脊椎動物では節足動物の昆虫類(ショウジョウバエカイコミツバチ),甲殻類およびクモ類,棘皮(きよくひ)動物のウニ類などで,脊椎動物では鳥類(ニワトリ,キジ,ウソ)などの性的二型の顕著な動物でみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の雌雄モザイクの言及

【間性】より

…本来は雌雄異体もしくは雌雄異株の生物個体において何らかの原因によって,雌形質と雄形質が混在する現象。間性は体を構成するすべての細胞の遺伝子組成が一様である点で雌雄モザイクとは異なる。雌形質の強いものを雌間性,雄形質の強いものを雄間性というが,両形質が混在する程度はいろいろである。…

※「雌雄モザイク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android