コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲母坂 キララザカ

デジタル大辞泉の解説

きらら‐ざか【雲母坂】

京都市東部の修学院から比叡山に至る坂道。延暦寺への勅使参向にも用いられた。勅使坂。不動坂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲母坂
きららざか

京都市東部、左京区修学院(しゅうがくいん)から比叡(ひえい)山へ至る道。京都側からの最古の通路で、叡山の僧兵が強訴(ごうそ)のときもこの坂を下ったという。延暦(えんりゃく)寺への勅使参向にも用いられたので勅使坂ともいう。北白川からの白川越えより距離は短いが険しく、八瀬(やせ)から四明(しめい)岳にケーブルカーが通じ、白川越えがドライブウェーとなった現在では、ほとんど廃道となっている。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雲母坂の関連キーワード喜多川 千鶴環 歌子織田武雄山村崇子太田宏