雲泥の差(読み)うんでいのさ

故事成語を知る辞典「雲泥の差」の解説

雲泥の差

非常に大きな違いのたとえ。

[使用例] 夏ならば無心にあか蜻蛉とんぼが飛び、帽子や人の手や、また時には眼鏡にさえとまるのどかさ、都会の蜻蛉とは雲泥であると書いてあった[川端康成雪国|1937]

[由来] 「後漢書きょうしん伝」に出て来る話から。二紀の中国でのこと。そうという人物が、世を避けて山奥に隠れ住んでいる矯慎を慕って、手紙を出しました。その書き出しには、「『に乗る(矯慎が雲の上のような世界で暮らしていること)』と『を行く(自分が俗世間で生活していること)』のように、あなたと私は住んでいる世界は異なりますが、いつも慕っております」とあったそうです。

〔異形〕雲泥の違い。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「雲泥の差」の解説

雲泥の差

と地ほどのへだたり。非常に大きな違い。物事の間の大きな差異

[使用例] 一流品と二流品じゃ、物の値打ちは毛ほどですが、値段には雲泥の差が出てきてるんです[横光利一*家族会議|1935]

[類句] 月と鼈

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「雲泥の差」の解説

うんでい【雲泥】 の =差(さ)[=差別(さべつ・しゃべつ)・=相違(そうい)・=変(か)わり・=違(ちが)い・=懸隔(けんかく)・=隔(へだ)て]

天と地ほどの隔たり。非常に大きな違い。
※どちりいなきりしたん(一五九二年版)(1592)「故にデウスのそんたいとは天地雲泥(ウンデイ)の差別(シャベツ)といひてもなをあまり有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雲泥の差」の解説

雲泥うんでい

白居易「傷友」から》非常な隔たり。たいへんな差。雲泥の違い。月とすっぽん。
[類語]格差較差落差月と鼈提灯ちょうちんに釣鐘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android