コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲版 ウンパン

2件 の用語解説(雲版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うん‐ぱん【雲版】

禅宗寺院で、時報の合図などとして打ち鳴らす雲形の板。青銅または鉄板製。鐘板(しょうばん)。打板(ちょうばん)。
色紙や絵などを入れる、丸形または方形の額。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲版
うんぱん

おもに禅宗寺院で庫裡(くり)(台所)または斎堂(さいどう)(食堂(じきどう))の前にかけ、坐禅(ざぜん)をやめる(開静(かいじょう))時刻や食事の時刻を大衆(だいしゅ)に知らせるため打ち鳴らす器具。青銅もしくは鉄製の平板で雲形をなしている。粥飯(しゅくはん)が蒸しあがって火を引くときに三打するのを火版、応量器(おうりょうき)(僧侶(そうりょ)の食器)を下げるときに長打するのを長版という。浄土宗では板木(ばんぎ)や喚鐘(かんしょう)の代用として集会などの合図に用いられることがある。また色紙、短冊(たんざく)を入れて鑑賞する円形や長方形の額も雲版とよばれる。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲版の関連キーワード直歳典座副寺開静監寺享堂西堂仏殿犍稚

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲版の関連情報