コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷声 カミナリゴエ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐ごえ〔‐ごゑ〕【雷声】

辺りに響き渡る大きな
「御殿もゆるぐ―」〈浄・振袖始〉

らい‐せい【雷声】

かみなりの音。雷鳴。 夏》
かみなりのような大きい音や声。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみなりごえ【雷声】

雷鳴のように、あたりに響きわたる大声。 「御殿もゆるぐ-/浄瑠璃・日本振袖始」

らいせい【雷声】

かみなりの音。雷鳴。
かみなりのような大声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雷声の関連キーワード賴・來・来・磊・礼・雷・頼キム・サリャン大西浄元(1)来序・雷序地雷雷鳴来序

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android