コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷鳴の陣 かみなりのじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷鳴の陣
かみなりのじん

奈良時代以降,雷鳴のとき宮中宮人が陣を立て警固したことをいう。のちには大雷3度に及ぶとき,左右近衛は御在所に,左右兵衛は紫宸殿前に陣し,内舎人春興殿の西廂に立つようになった。さらには蔵人滝口が御所に伺候して鳴弦し,御持僧が念誦するだけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐の‐じん〔‐ヂン〕【雷鳴の陣】

平安時代、雷鳴のときに宮中に臨時に設けられた警固の陣。近衛大将・次将が清涼殿孫庇(まごびさし)に伺候(しこう)し、弦打(つるう)ちして天皇を守護し、将監(しょうげん)以下も諸所を警固した。かんなりのじん。

かんなり‐の‐じん〔‐ヂン〕【雷鳴の陣】

かみなりのじん」に同じ。
「―の舎人(とねり)」〈・二五八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみなりのじん【雷鳴の陣】

平安時代,雷鳴の激しいとき,天皇を守護して近臣が陣をしくこと。大雷鳴3度に及ぶと,近衛大将,次将が弓箭(きゆうせん)を帯して紫宸殿の御簾(みす)前に,将監(しようげん)以下は簑笠を着て南庭に陣し,鳴弦を行い,雷収まって陣をといた。平安中期には清涼殿に布陣し,後代は蔵人が滝口の弓で鳴弦を行う簡単なものとなった。《枕草子》に見え,王朝儀式書等に5月の臨時儀式として扱われているが,11世紀初めの《北山抄》は〈近代見えず〉としている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみなりのじん【雷鳴の陣】

平安時代、醍醐天皇の時から始められた朝廷における臨時の儀式。雷が三度鳴ると、近衛このえ大将・中将・少将が清涼殿・紫宸殿の前庭に伺候しこうし、弦つる打ちなどをして天皇を守る。かんなりのじん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雷鳴の陣の関連キーワード醍醐天皇平安時代朝廷少将中将弦打孫庇前庭

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android