コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷鳴の陣 かみなりのじん

5件 の用語解説(雷鳴の陣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷鳴の陣
かみなりのじん

奈良時代以降,雷鳴のとき宮中に宮人が陣を立て警固したことをいう。のちには大雷3度に及ぶとき,左右近衛は御在所に,左右兵衛は紫宸殿前に陣し,内舎人は春興殿の西廂に立つようになった。さらには蔵人滝口が御所に伺候して鳴弦し,御持僧が念誦するだけとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐の‐じん〔‐ヂン〕【雷鳴の陣】

平安時代、雷鳴のときに宮中に臨時に設けられた警固の陣。近衛大将・次将が清涼殿孫庇(まごびさし)に伺候(しこう)し、弦打(つるう)ちして天皇を守護し、将監(しょうげん)以下も諸所を警固した。かんなりのじん。

かんなり‐の‐じん〔‐ヂン〕【雷鳴の陣】

かみなりのじん」に同じ。
「―の舎人(とねり)」〈・二五八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かみなりのじん【雷鳴の陣】

平安時代,雷鳴の激しいとき,天皇を守護して近臣が陣をしくこと。大雷鳴3度に及ぶと,近衛大将,次将が弓箭(きゆうせん)を帯して紫宸殿の御簾(みす)前に,将監(しようげん)以下は簑笠を着て南庭に陣し,鳴弦を行い,雷収まって陣をといた。平安中期には清涼殿に布陣し,後代は蔵人が滝口の弓で鳴弦を行う簡単なものとなった。《枕草子》に見え,王朝儀式書等に5月の臨時儀式として扱われているが,11世紀初めの《北山抄》は〈近代見えず〉としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かみなりのじん【雷鳴の陣】

平安時代、醍醐天皇の時から始められた朝廷における臨時の儀式。雷が三度鳴ると、近衛このえ大将・中将・少将が清涼殿・紫宸殿の前庭に伺候しこうし、弦つる打ちなどをして天皇を守る。かんなりのじん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷鳴の陣の関連キーワード守護神威烈王朝時代雷鳴の壺・雷鳴の壷飛湍平安時代文学雷鳴の壺雷鳴と電光雷鳴の中でも豊原時光

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone