コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気分析 デンキブンセキ

大辞林 第三版の解説

でんきぶんせき【電気分析】

試料を電気回路中に入れ、電気量・電流・電圧などを測定して行う化学分析。電流滴定・電気泳動など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気分析
でんきぶんせき
electrometric analysis

広義には電気を利用した化学分析のことを総称するが、普通は電気回路中に入れた分析試料との応答である電気的諸量を測定することによって行う分析をいう。電気的諸量としては、電圧、電流、電気量および周波数であり、補助測定量として時間がこれに加わることがある。1種類の電気信号のみならず、電圧―電流、電圧―電流―時間などの相関関係を利用する方法も多い。電気的諸量と分析物質の量あるいは濃度との関係は、(1)ファラデーの法則による電気量と物質量との関係、(2)ネルンストの式による濃度と電圧(電位差)との関係、(3)試料物質中を流れる電気のインピーダンスまたはアドミタンスと濃度との関係、が基本となっている。電位差測定分析法、電流滴定法、電量分析法、伝導度分析法、ポーラログラフ分析法、電解分析法、その他数多くの分析法が含まれており、光(電磁波)分析法やクロマトグラフ分析法とともに機器分析法として重要な役割をしている。[高田健夫]
『鈴木繁喬・吉森孝良著『電気分析法――電解分析・ボルタンメトリー』(1987・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電気分析の関連キーワードウィンクラー(Clemens Alexander Winkler)元素発見史(年表)ボルタンメトリー酸化還元指示薬藤永太一郎電気泳動電気化学志方益三逆滴定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android