コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気分析 デンキブンセキ

3件 の用語解説(電気分析の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ぶんせき【電気分析】

試料の電流電圧電気量周波数などを測定することによって行う化学分析

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんきぶんせき【電気分析】

試料を電気回路中に入れ、電気量・電流・電圧などを測定して行う化学分析。電流滴定・電気泳動など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気分析
でんきぶんせき
electrometric analysis

広義には電気を利用した化学分析のことを総称するが、普通は電気回路中に入れた分析試料との応答である電気的諸量を測定することによって行う分析をいう。電気的諸量としては、電圧、電流、電気量および周波数であり、補助測定量として時間がこれに加わることがある。1種類の電気信号のみならず、電圧―電流、電圧―電流―時間などの相関関係を利用する方法も多い。電気的諸量と分析物質の量あるいは濃度との関係は、(1)ファラデーの法則による電気量と物質量との関係、(2)ネルンストの式による濃度と電圧(電位差)との関係、(3)試料物質中を流れる電気のインピーダンスまたはアドミタンスと濃度との関係、が基本となっている。電位差測定分析法、電流滴定法電量分析法、伝導度分析法、ポーラログラフ分析法、電解分析法、その他数多くの分析法が含まれており、光(電磁波)分析法やクロマトグラフ分析法とともに機器分析法として重要な役割をしている。[高田健夫]
『鈴木繁喬・吉森孝良著『電気分析法――電解分析・ボルタンメトリー』(1987・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気分析の関連キーワード周波数走査周波数高周波可聴周波CVCF定電圧定周波数装置生菌数測定法ジョセフソン周波数電気聴覚効果周波数逓倍

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone