コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電解分析 でんかいぶんせき

3件 の用語解説(電解分析の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

電解分析【でんかいぶんせき】

電気分解を利用する分析法。電気分析とも。電解析出した物質の重量その他を測定したり,電位,電流などを測定することによって定性ないし定量分析を行うもので,広くポーラログラフィー,クロノポテンシオメトリーなどをも含めていう。
→関連項目定量分析電気分解

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんかいぶんせき【電解分析 electrolytic analysis】

電気分解(電解)にともなって起こる化学変化を測定する化学分析の総称。定性および定量分析や分離分析などに有効な手段として古くから用いられている。大別すると,電解重量分析電量分析のように表面積の大きな電極を使って,十分かくはん(攪拌)した溶液中で,電解を定量的に完結させる方法と,ポーラログラフィーやクロノポテンシオメトリーのように微小電極を用いて静止溶液中で,電極表面近傍だけで起こる電解現象を観察する方法とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電解分析
でんかいぶんせき
electrolytic analysis

電気分解を利用する化学分析で、試料中の被検物質または妨害物質を電気分解によって分離分析する電解分離法と、電気分解の際に流れた電気量から電解された物質の量を求める電量分析法とに大別できる。電解分離法には、測定すべき金属を電極に析出させ、その電極の質量の増加を測定する電解重量分析法や定電位電解法、外部から電圧をかけずに、イオン化傾向の差を利用する内部電解法、電導性固体試料から電流により電解質溶液をしみ込ませた紙にイオンを溶出させ検出するエレクトログラフ法などがある。初期には電解重量分析のみに限っていた場合もある。電解現象としては金属の析出のみならず、金属を溶液中に溶出させる現象も利用される。
 一方、電量分析法には、定電位で電解を行う定電位電量分析法と、電解電流を一定とする定電流電量分析法、電解によって試薬を発生させ、これと被検物質とを反応させ、反応の終了までに発生した試薬の量を電解に要した電気量から算出する電量滴定法などがある。[高田健夫]
『藤永太一郎・永井外代士・武者宗一郎著『電気滴定と電解分析』(1967・共立出版) ▽鈴木繁喬・吉森孝良著『電気分析法――電解分析・ボルタンメトリー』(1987・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電解分析の関連キーワード電解電解槽電解腐食電気分解ファラデーの電気分解の法則化学変化電解液電解コンデンサー電気分析電解質溶液

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone