電気椅子(読み)デンキイス

百科事典マイペディアの解説

電気椅子【でんきいす】

死刑執行方法の一種である電気殺に使用される刑具受刑者を椅子にすわらせてベルトで緊縛し,頭部にヘルメット状の金具,足のすねにすねあて状の金具をつけて電流を流す。19世紀末に米国で初めて使用,現在でも若干の州で用いられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

でんきいす【電気椅子】

高圧電流による死刑執行用の椅子。アメリカ合衆国の一部で用いられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気椅子
でんきいす

電気死刑を行う刑具としての椅子。受刑者を座らせてベルトで身体をこれに固定し、頭部にヘルメット型の電極、足の一方にすね当て型の電極を取り付け、隣室のスイッチで高圧電流を流す。執行所要時間は2分。その最初と中間と最後の数秒間の電圧は2000ボルト、その間合いは500ボルトに下げるという。体温は全体として80℃近くまで上昇し、脳の温度はほぼ水の沸点に達する。最初の電撃で瞬間的に感覚が失われるので、受刑者に苦痛はないとされている。残虐な印象を回避しうる死刑執行方法をくふうする過程で、1888年、アメリカのニューヨーク州がこれを採用し、1890年、同州のオーバーン刑務所において初めて使用された。現在、アメリカの数州がこの刑具を用いる。[須々木主一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

でんき‐いす【電気椅子】

〘名〙 死刑の執行に用いられる、高圧電流を通すようにした椅子。アメリカ合衆国の一部の州で使用される。〔新語新知識(1934)〕
※二つの町(1946)〈荒正人〉「殺人罪の汚名を着せられて、電気椅子に送られて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気椅子の関連情報