コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電鋳 でんちゅうelectroforming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電鋳
でんちゅう
electroforming

原型をもとにして電解法で多数の複製品をつくる方法。原型表面に黒鉛粉,銅粉などを塗るか,または銀錯塩液とヨウ素溶液でヨウ化銀の薄膜をつけておく。これは原型が金属でない場合でも導電性にすると同時に,あとの剥離をよくするためである。これを電解槽に入れて銅,ニッケル,鉄などを電着すれば薄肉の陰型が得られる。その中へ活字合金を鋳込むと原型と同形の型版が得られる。型版をもとに最初と同じ作業をすれば陰型がいくつでもできる。これに所定の流動性材料を注入し固化して,原型と同形の複製を得る。原型が加熱できない材料で,しかも微細な凹凸の再現を必要とする場合,すなわちレコード原盤,印刷原版,装飾品原版などの製造に応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電鋳【でんちゅう】

電気めっきを応用して精密な複製をつくる方法。金属または石膏(せっこう)などで作った型に,銅,ニッケルなどを厚く電着させ,はがして型と同一の面を得る。非金属の型には導電性を与え,はがしやすくするため黒鉛などを塗布しておく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんちゅう【電鋳 electrotyping】

金属を電着させて精巧な複製をつくる方法。硫酸銅溶液の中に母型と銅板を入れ,母型を陰極,銅板を陽極として電気分解すると,母型上に銅が電着する。電着層が適当な厚さになったとき,引きはがすと,母型とは凹凸が反対の型ができる。次にこの型を陰極として同じように銅を電着させると,母型と同じ凹凸が得られる。非金属性の母型の場合には,黒鉛や金属粉末の塗布,金属の蒸着や溶射などの方法によって表面に導電性を付与して行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんちゅう【電鋳】

「電気鋳造ちゆうぞう」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電鋳
でんちゅう
electrotyping

電気分解により電極表面に金属を電着させ、電極を原型としてこれと精密に同じ形状のものを複製する方法。原型には一般に銅を用いるが、ニッケル、鉄を用いることもある。実際にはまず原型に電鋳を行って雌型をつくり、これにふたたび電鋳を行って原型を複製する。電極から電着金属を容易にはがせるように電極表面に黒鉛の細粉を塗っておくことが多い。[井川克也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電鋳の言及

【電気化学工業】より

…また電気めっき(電鍍)は金属表面の防食,装飾,堅牢性付与の目的で広く行われている。電鋳は電気めっきの原理を利用して表面の凹凸を再現するもので,レコード原盤の製造などが行われる。金属の陽極反応の応用の一つが陽極酸化で,アルミニウムAl,タンタルTa上に酸化皮膜を製造するのに用いられる。…

※「電鋳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電鋳の関連キーワードヤコービ(Moritz Hermann von Jacobi)エレクトロタイプホットスタンプニッケルめっき電気かみそり耐火れんが浮出し印刷電鋳耐火物凸版印刷耐火煉瓦活版印刷耐火物電胎版電気版

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android